• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「大きいハスラー」の商品企画はここがうまい

パワフルで静かな1Lターボエンジン

2018年2月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京モーターショー2017に参考出品された「クロスビー」。ほぼ市販車そのものだった。

 スズキが2017年12月に発売した新型車「クロスビー」は、昨年秋の東京モーターショー2017で見ている。そのときは参考出品という位置づけだったが、説明員も「もうすぐ発売します」と言っていたから、事実上の一般公開といっていいと思う。実車を見た読者もいるだろう。

 筆者が最初にクロスビーを見た感想は「うまい商品企画だな」というものだ。その意味は二つある。一つは「ハスラー」の成功をうまく横展開しているな、というもの。もう一つは、「市場のすき間をうまく見つけた」、というものだ。まず第1の点からいうと、いささか失礼な表現になるが、ハスラーは技術的には新味がなかったにもかかわらず、その商品企画のうまさから、軽自動車のSUV(多目的スポーツ車)としては異例の成功を遂げた。

 2014年1月に発売されたハスラーは、当初月販5000台を予定していたのだが、2月上旬には3万5000台の受注が積み上がり、スズキは5月に生産能力を月産1万4000台に増強するなど対応に追われた。ハスラーの好調が原動力となり、2014年の軽自動車販売台数でスズキは8年ぶりにダイハツ工業からNo.1の地位を奪還している。その後ダイハツは、対抗車種として「キャスト」を発売したのだが、発売からほぼ4年を経過してもハスラーの好調は続いており、2017年通年の軽自動車販売ランキングでは10位にランクインしている。ハスラーより上位の車種はすべて背高ワゴンかセダン型で、SUV系では相変わらずのトップブランドということになる。

 今でこそ、日本のみならず世界の自動車市場でSUVの人気が高まり、販売台数に占めるSUV比率は今後も拡大し続けると予想されている。だからハスラーの成功はある意味当然と思う読者もいるかもしれないが、ことはそう単純ではない。というのも、ハスラー以前には意外と軽SUVの成功例がないからだ。

 例えばスズキにはハスラー発売前から、軽オフロード車のはしりともいうべき「ジムニー」があったが、このクルマは根強い人気を誇るものの、販売ランキングの上位を占めるような車種ではない。またスズキは1998年に「Kei」というSUV型の軽自動車を発売したことがあり、またダイハツも同じく1998年にSUV型の「テリオスキッド」を発売した。しかし両車種とも一代限りで後継車種が用意されず、その販売実績が芳しくなかったことがうかがえる。

 スズキとダイハツだけではない。筆者が軽のSUVとして印象に残っているのが、ホンダがスズキやダイハツと同じく1998年に発売した「Z」である。このクルマはエンジンを後部座席の下に配置する斬新なミッドシップレイアウトを採用した4輪駆動車で、フロントにエンジンのないことを生かし、長い室内長や高い安全性を売り物にしていた。ただこのクルマも、専用のプラットフォームを採用したために価格が高くなったことや、3ドア仕様しかなかったこと、車両重量が重く燃費があまり良くなかったこと、床下にエンジンがあるため後席の足元フロアが高く、あまり着座姿勢が良くなかったことなどが災いし、やはり芳しい販売実績は残せなかった。

ホンダが1998年に発売した「Z」。後部座席下にエンジンを配置したミッドシップレイアウトを採用したのが特徴。1970年発売の初代「Z」から数えると2代目になる(写真:ホンダ)

コメント3件コメント/レビュー

クロスビーは売れそうだ。このパッケージデザインは秀逸。スズキにしかできないものだが、登録車でこの短さに対する需要は必ずあるはず。CVTではなくトルコンであることもとても良い。個人的にもCVTを選択していたら買わない。いろいろカスタマイズするベース車両としても楽しそうで、オプションの充実振りもそこを狙ったものだろう。イグニスとのバッティングより、スイフトと迷うだろう。(2018/02/15 09:02)

オススメ情報

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「「大きいハスラー」の商品企画はここがうまい」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

クロスビーは売れそうだ。このパッケージデザインは秀逸。スズキにしかできないものだが、登録車でこの短さに対する需要は必ずあるはず。CVTではなくトルコンであることもとても良い。個人的にもCVTを選択していたら買わない。いろいろカスタマイズするベース車両としても楽しそうで、オプションの充実振りもそこを狙ったものだろう。イグニスとのバッティングより、スイフトと迷うだろう。(2018/02/15 09:02)

クロスビーが隙間を突いたヒットと言う論点は現実を正しく捉えているでしょうか。かつてパジェロやハイラックスサーフ、テラノなどのクロカン四駆のブームからシティー派四駆へ、そこからクロカン性が消えてゆき、乗用車ライクな(多くがFFですらある)SUV人気がクラスを越えて拡大している現状は、軽でもAカテでもSUV化の広がりがもはや不可避と捉えた方が素直にうなずけます。ジムニー、Z、パジャロミニ、テリオスキッドなどは、時期的に早すぎたうえに、現在主流である乗用車的な快適SUVの要素が薄く、あくまでかつてのクロカン四駆人気の末弟的存在ですから今のSUVブームの流れの中には位置づけられないでしょう。高級車メーカーから軽まで、「実用的」+「カッコいい」+「乗り易い」+(今は)「SUVデザインである」と言う処方箋が廃れ(次の流行が生まれ)るまではどのクラスでもしばらくSUVデザインの乗用車がメインストリームの一翼を占め続けるのではないでしょうか。(2018/02/14 14:28)

パジェロミニを上げなかったのは意図的にですか?(2018/02/14 10:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

一番問題なのは、保護貿易主義が世界に広がりつつあることです。

林田 英治 JFEホールディングス社長