• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

クルマのうんテク ウーバーの事故が日本で起きたらその責任は?

レビュー

とても参考になった
 

40%

まあ参考になった
 

28%

参考にならなかった
 

30%

ぜひ読むべき
 

34%

読んだほうがよい
 

21%

どちらでもよい
 

43%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

日本で起きたら、民事刑事とかいう前に、自動運転の導入が20年遅れることになる。社会的に殺された技術となりますから。(2018/04/10 18:45)

Uberには、なぜ事故になったのかを包み隠さず公開願いたいです。
でなければ、特に心配性の国民性がある日本では、反対運動すら起きかねません。(2018/04/10 17:52)

主旨と異なる内容ですが、
あの事故ほど自動運転車が避けて欲しい、避けられそうな事故のように感じました。(2018/04/10 13:27)

「自動運転車の免許証」は実現不可能だろう。なぜなら実質的に試験基準を作れないからだ。
自動運転車の最大の課題は、技術でも法整備でも保険制度でもない。社会的受容性があるかどうかだ。つまり、自動運転に対する意識が変わり、大半の人々から安心して使えると認められない限り導入はすべきではない。
更に言えば、国や交通環境の異なるところを同一の条件で縛ったり、免許を与えたりすることもできない。これは至極当たり前のことだが、マウンテンビューのような自動運転車にとって「環境の良い」場所やそれを模したモデルでいくら検証を重ねたところで、その制御ソフト(AIでもだ)がムンバイや香港、渋谷や名古屋で使えるはずがない。逆にムンバイでチューニング、条件出しをしたソフトをカリフォルニアやエジンバラ、パリ、メルボルン等で使ったら利用者のストレスが溜まるだけだ。(2018/04/10 12:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士