• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

運転手不要の無人タクシーは実現可能か?

2020年の商業化を目指すZMPの大いなる野望

2015年9月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ZMPフォーラムに展示された「ロボットタクシー」。ZMPとDeNAが共同出資で設立した新会社、ロボットタクシーで事業化を狙う

 これがベンチャーの戦い方かと感心した。やや旧聞になるが、ロボットベンチャーのZMPが8月末に開催した「ZMPフォーラム」に参加しての感想だ。キーワードは「スピード」と「オープン化」である。そのココロは後で説明することにして、まずはZMPという会社についてご存じない読者も多いかもしれないので、簡単に紹介しておこう。

 ZMPはもともと、2足歩行ロボットを開発するベンチャー企業として、2001年に設立された。2001年といえば、ホンダの2足歩行ロボット「ASIMO」が発表された2000年の翌年であり、2足歩行ロボットの開発熱が世の中で盛り上がっていたころである。ZMPというのは「ゼロ・モーメント・ポイント」の略で、ロボットが2足歩行をするために動力学的に重要な重心位置のことだ。

DeNAと新会社を設立

 しかし、現在のZMPが最も力を入れているのが自動運転車の開発である。同社は2009年に、まず1/10スケールの自動運転の実験車両を試作して以来、2人乗り電気自動車(EV)ベースの実験車両を2011年に、そしてトヨタ自動車「プリウス」をベースとした実験車両を2012年に製作している。これらの実験車両を同社は「ロボカー」と呼んでいる。そして今年の5月には、こうしたロボカーの技術を使って、無人のタクシーを運用することを目指す新会社、ロボットタクシーをDeNAと共同で設立した。

 同社のユニークな点は、こうした自動運転の実験車両を開発するだけでなく、実際にビジネスにしてしまったことだ。今後の自動運転車の実用化をにらみ、自動運転車を研究したいという大学や研究機関は多いし、センサーやカメラを開発する企業でも、実際に自動運転車に搭載してその性能を評価したいというニーズがある。しかし大学や研究機関、センサーやカメラのメーカーがゼロから実験車両を製作するのはハードルが高い。

 そこでZMPは、大学や研究機関のニーズに応じた実験車両を製作したり、センサーやカメラのメーカーの求めに応じて、実験車両に開発中のセンサーやカメラを搭載し、公道での実験を代行したりするなどのビジネスを展開している。自動運転車の実用化はまだ先だが、既にビジネスとして成立させている企業は、世界でも珍しい。

コメント1

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「運転手不要の無人タクシーは実現可能か?」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士