• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モーターショーで自動運転の未来を垣間見る

クルマが歩行者と「対話」する

2015年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ホンダの新型「NSX」(上)とマツダの「RX-VISION」

 11月8日に閉幕した第44回東京モーターショー、読者の皆さんは足を運ばれただろうか。リーマン・ショック直後に開催された2009年は、欧米メーカーがほとんど出展しない閑散とした会場が、まだ記憶に新しい。そして、2011年に幕張メッセから東京ビッグサイトに会場を移したときも、東日本大震災の約半年後ということも影響してか、巨大な会場を擁する北京、上海のモーターショーと比べていかにもこじんまりとした印象で、アジアを代表するモーターショーから、日本という一地方のモーターショーに成り下がってしまったような寂しさを感じたものだ。

 しかし今回の東京モーターショーは、日本の完成車メーカーの業績が好調なこともあり、各社とも多様な新型車やコンセプトカーを展示して、かなり勢いを取り戻してきた感じを受けた。一般公開前のプレスデーには、海外からのプレス関係者も多く来場していて、なかでも中国をはじめ、インドや東南アジアなど、アジア地域からのプレス関係者の姿が目立った。

 そして肝心の中身だが、今回のモーターショーのトピックの1つはスポーツカーの新型車だろう。ホンダが2016年の発売を予定する新型「NSX」については、次回のこのコラムで詳しく取り上げる予定だが、マツダの「RX-VISION」も、マツダがロータリーエンジンの灯を絶やさない決意を示したコンセプトカーとして今後が楽しみなモデルだ。

自動運転の未来を見据える

 もう1つ、今回のモーターショーのトピックを挙げれば、自動運転関連の展示が目立ったことだろう。中でも、筆者が最も熱心に見たのは、日産自動車のコンセプトカー「IDS Concept」である。日産ブースの最も目立つステージに置かれていたから、目を留めた来場者も多かったのではないだろうか。多くの日本の完成車メーカーが、自動運転を、あくまでも「人間が安心して快適に運転できるようにサポートする技術」と位置づけているのに対し、日産はその先の「完全自動運転」を目指していることを公言している、現在のところ唯一の日本のメーカーである。

日産自動車の「IDS Concept」。手動運転モードと自動運転モードで内装がガラリと変わるのが特徴だ

コメント2

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「モーターショーで自動運転の未来を垣間見る」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)