• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ウチの運転手、見事にやりよりました」

エムケイ創業者、故・青木定雄氏の人材育成論

2017年6月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 タクシー業界大手のエムケイ創業者で、近畿産業信用組合(大阪市)の会長も務めた青木定雄氏が8日、88歳で死去した。1993年に全国で初めて運賃引き下げの認可を取得し、規制緩和の旗手とされた人物だ。
 月刊誌「日経トップリーダー」では青木定雄氏の人となりや経営手腕について、多くの記事を掲載してきた。
 青木氏の訃報を受け、2005年に掲載した記事を再掲載する。
 「労務管理が近代的じゃなくてはあかん。非近代的な労務管理では、企業は成長せえへん」――。無断欠勤、遅刻、早退が当たり前、挨拶もしない運転手たち。「おはようございます」と挨拶ができるようになるまで10年掛かったという青木氏が、この状況を打破する際に経験した人材教育の苦労を肉声で語る。

 「青木さんはいいなあ。そんなに儲かって、有名になって」

 みなさん、羨ましがりますけれどね、エムケイを率いてきた約40年、私にしてみたら苦痛の連続でした。もう一回やれと言われても、二度とできません。

 「なんで、俺はこんなに苦労せなあかんのか?」

青木定雄(あおき・さだお)氏
1928年6月、韓国生まれ。77歳。60年にミナミタクシーを設立。63年に、桂タクシーの経営権を譲受。77年、両社を合併、頭文字を取って、エムケイに社名変更、同社会長に就任。95年、グループ会長を引退。2002年から近畿産業信用組合会長を務める。2017年6月8日死去。(写真:福島正造)

 何度、挫折しそうになったか分かりません。
 中でも、特に苦労したのが“教育"です。すべての企業にとって、一番大切な資産は社員です。特にこれからは、人で商売していく時代。無から有を生み出すのが社員です。その教育こそがすべてなんです。

 しかし、一口に教育と言っても、それはもう、大変なことでした。
「出社したら、まず『おはようございます』と挨拶しましょう」
 例えば、これだけで10年掛かったんですよ。想像できますか?

コメント7件コメント/レビュー

一介のサラリーマンの立場からは、こういう高度に本質的な経営論に口をはさむ資格はありません。

よって京都育ちの幼少の記憶を記しておきます。

バブルの最中の1980年代後半、烏丸三条あたりだったかと思うのですが、MKの制服を着た運転手さんがプラカードを胸にかかげて立ってはりました。

今となってはハッキリしない記憶modeで恐縮なのですが、文面は
 「私はお客様とこういうモメ事をし、こういう反省をしてます」
という決意文だったかと。

決意文の内容はサテおき、当時は高校生だった僕にとって印象深かったのは、イヤイヤでやらされているぽい雰囲気ではなくて、実に晴れ晴れとした表情でペナルティ(たぶん)を受けて立っておられたところですね。

生活指導のセンセが思いつきそうなイヤな事をさせる会社だなぁと感じた反面、彼の晴れがましい表情に引っかかったのも事実。

この記事を読んで、何十年かぶりにナルホド!と謎が解けた気分ですわ。
ありがとうございます。(2017/06/14 22:47)

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

「「ウチの運転手、見事にやりよりました」」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一介のサラリーマンの立場からは、こういう高度に本質的な経営論に口をはさむ資格はありません。

よって京都育ちの幼少の記憶を記しておきます。

バブルの最中の1980年代後半、烏丸三条あたりだったかと思うのですが、MKの制服を着た運転手さんがプラカードを胸にかかげて立ってはりました。

今となってはハッキリしない記憶modeで恐縮なのですが、文面は
 「私はお客様とこういうモメ事をし、こういう反省をしてます」
という決意文だったかと。

決意文の内容はサテおき、当時は高校生だった僕にとって印象深かったのは、イヤイヤでやらされているぽい雰囲気ではなくて、実に晴れ晴れとした表情でペナルティ(たぶん)を受けて立っておられたところですね。

生活指導のセンセが思いつきそうなイヤな事をさせる会社だなぁと感じた反面、彼の晴れがましい表情に引っかかったのも事実。

この記事を読んで、何十年かぶりにナルホド!と謎が解けた気分ですわ。
ありがとうございます。(2017/06/14 22:47)

ポイントは、創業当時素人の青木氏が「最悪」だと感じていたことを、先をゆくタクシー業界の人たちは「業界の常識=当たり前」と感じていたことにあるのだろう。

誰しも、新しく飛び込んだ世界の勝手の違いに面食らい、洗礼を受けながら、郷に入れば郷に従え、長いものには巻かれろ、と唱えながら、自分を再教育して元々「最悪」と感じていたことを「常識=当たり前」へとすり替えてしまいがちである。日本式の「空気を読む」というのはある意味、狂っていようがなんだろうが業界の常識を敏感に察知し、それに従って行動せよ、つまり進んで常識に洗脳されなさいと言っているのに等しい。青木氏をタクシー業界で突出した存在ならしめたのは、業界の先人がなんと言おうが、自分が最初に素朴に「最悪」と感じたことを放置してよいはずがない、という信念ではなかったか。ゆえに本人の言葉を借りれれば、彼は「ごく当たり前のこと」をしただけであり、同業者にとってはそれがとんでもなく奇異に映ったはずである。(2017/06/14 17:56)

エムケイの看板を出されては、文句のつけようがない。(2017/06/14 15:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長