• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

塚越会長「年齢が上の人がお金を多く取っていい」

青野慶久サイボウズ社長対談(3)

2017年9月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 長野県伊那市の寒天メーカー、伊那食品工業の塚越寛会長は、48期連続増収増益を達成した実績もある、知る人ぞ知るカリスマ経営者。持論の「年輪経営」は、トヨタ自動車の豊田章男社長も影響を受ける(詳しくはこちらを参照)。同様に塚越会長の経営姿勢に以前から共鳴していたのが、ソフトウエア大手、サイボウズの青野慶久社長だ。

 3回目のメインテーマは人事制度。両社の仕組みは異なるが、制度設計の方針は共通する。制度を上手に活用しながら、社員の一体感を高める極意が明らかになる。

 (前回の記事はこちら

──企業経営で、社員の幸福感に影響を与える構成要素の一つとして、人事評価・賃金制度があります。この点について、塚越さんと青野さんは、それぞれどのような考えを持っていますか。

青野:御社は、年功序列型の賃金制度だとお聞きしています。年齢を重ねるにつれて給料が増えたほうが、社員は末広がりで幸せな人生を送ることができる。その発想が前提にあるからでしょうか。

塚越:役職の有無や人事評価で多少上下することはありますが、基本は年功序列型です。人事評価は人によって結果が違う場合がある。上司の部下に対する好き嫌いの要素が絡みがちです。それでは部下がかわいそうだから、不公平感が少ないようにしました。

 ただし、誰が見ても優秀な社員は評価したり、抜てきしたりします。一方で、人によって意見が分かれる社員は、年上のほうが給料を高くしてもいいのではないかと。子供の教育にお金がかかるケースなどがあるので、年齢が上の人がお金を多く取っていい、という設計にしています。

2時間近くの対談を終えた伊那食品工業の塚越会長(写真右)とサイボウズの青野社長(写真:堀勝志古、以下同)

青野:抜てきする場合はあるんですね。

塚越:今後本格化すると思います。誰が見ても優秀な場合には。それに従来、ほぼ右肩上がりだった給与曲線を最近は変えています。50歳を超えた人は、賃金が増えるカーブを緩やかにしました。どうしても、加齢とともに能力が伸びなくなる人がいますから。

不公平感を防ぐため人事評価をやめた

青野:サイボウズでも、実は同じ悩みがありました。人事評価は見る人によって異なります。そこで、多少乱暴なのですが、自分たちで人事評価するのをやめました。

 どうしたかというと、市場価値で評価する。特にプログラマーの場合、転職市場の相場をチェックしていると、持っている技術によって、大体どれだけ報酬を払えばいいかが分かります。

 今はプログラマーの数が足りないので、うちの報酬は上振れしていますね。技術力がある人は、より高くなる。サイボウズより高い報酬を提示する会社があれば、彼らが転職するリスクがあるので極力、市場価値に従います。

コメント2

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長