• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「動画育ち」の左官職人が技能五輪で銀メダル

動画が社員教育を変える

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2016年10月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

誰でも手軽に動画を撮影できるようになり、映像を取り入れた社員教育が容易になった。映像を使うと言葉では表現しきれないコツを伝えられ、時間や場所によらず予習や復習ができる。若手が育たないと悩む社長のために、動画を使った社員教育のヒントを紹介する。

 左官といえば、他の職人仕事と同様に、習得するまで厳しい修業が不可欠とされる。若い人材が入ってきても長続きしないため、多くの業者が慢性的な人手不足に陥っている。

 そんな中、中屋敷左官工業(札幌市)は、人材不足の解消に成功しつつある数少ない例だ。

 カギになったのは、動画を使った教育だ。同社では、2013年、社員育成プログラムを抜本的に改めた。プログラムの中心は「塗り壁トレーニング」。先輩職人が壁を塗る動画を見て動きをまね、縦2m×横1mほどの壁をひたすら塗り続ける。1カ月の訓練期間中に1時間以内で20回塗れるようになるのが目標だ。

 最初に10年選手の社員が何も見ず、試しに挑戦したところ、20回塗るのに3時間半かかった。以後、動画を用いた訓練に切り換えてから、経験によらず社員は次々と目標をクリア。今では未経験者でも、2週間程度で1時間を切れるようになるという。

 ただし、これが塗り壁トレーニングの目的ではない。観察力であり、まねをする力を身につけることこそが本当の狙いだ。そのスキルを初期の段階でたたき込むことで、その後現場に入ったときに、先輩の職人から技能を盗める。

達成感があるから若手が辞めない

 最初の動画は、塗り壁トレーニング初日と同7日目の映像をつないだものだ。初日の映像では、社員のコテの使い方や体の動かし方がぎこちない。ところが、7日目になると動作は滑らかになる。何より、手本となる先輩の技(2つ目の動画)と比べると、7日目の社員たちはその動きをしっかりコピーできていることがよく分かる(動画はいずれも中屋敷左官工業提供)。

塗り壁トレーニング初日と7日目の様子
再生中に画面右下の□マークをクリックすると動画が全画面表示になります

コメント0

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員