• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビール販売なし、営業活動一切なしの酒屋

「どこにでもある酒屋」から業態転換し成功

  • 福島 哉香

バックナンバー

2017年12月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ある日山田社長は気づく。「今のやり方では、自分の店の売り上げを伸ばすことは、他店の顧客を奪うことと同じだ。取った取られたの争いは好きではない。戦いはやめよう」。

 以来、他店の顧客からの注文は、あらかじめ他店の了解を得てもらったうえで受けることにした。また、広告宣伝や飛び込み営業など、一切の営業活動をしないことに決めた。

将来像と逆張りの経営へ

 酒屋として、どう家業を続けていくべきか。酒販業界を取り巻く環境に目を向けると、山田社長が地元に戻った89年は、酒類小売免許の規制緩和が始まった年。いずれ審査に通れば誰もが酒類を販売できるようになる。酒屋の行く先が危ぶまれていた。

酒商山田の本社。2階が宇品本店

 「酒屋の将来像は2つと言われていた」(山田社長)。1つはコンビニエンスストア、もう1つはディスカウントストアだ。

 「もしコンビニエンスストアを選べば、祖父の代から築いた『のれん』がなくなる。しかしディスカウントストアとしてやっていけるほどの購買力はない。それに商品の価値を下げる安売りという形態に違和感がある」(山田社長)。

 どちらも進むべき道ではない。そこで逆の発想をしてみた。きっかけは、中学校3年生のときに父が買ってきた糸川英夫氏の『逆転の発想』という本。「たまたま風呂場の前にずっと置いてあった。逆転の発想という言葉だけが頭にずっと残っていた」(山田社長)。

 すると、答えが見えてきた。

 商品を次々に追加し、利便性を追求するコンビニの逆となるのは、商品の種類を絞った店だ。また、売れる商品を大量に仕入れ、安価で販売するディスカウントストアの逆は、知られていない小さな造り手の酒を定価で販売することだ。そこに自店の活路を見いだせるように感じた。

縮小市場の商品を充実

 山田社長は、コンビニやディスカウントストアなどで買える商品を捨てることにした。商品全体の95%を占めていたビール、タバコ、日本酒(普通酒)の販売だ。まずビールの値引きをやめて、その売り上げを徐々に減らし、代わりに日本の酒──吟醸酒などの日本酒や焼酎に注力した。なぜ日本の酒にしたのか。

コメント1件コメント/レビュー

製造業では中小は大手と同じことをやっていてはだめということは
半ば常識になっていると思います。でも小売の世界はまだそれが常識に
なっていない気がします。大手と同じ定番商品を並べても勝てるわけが
ないので、さてどうしたらよいか?ここから考えることがスタート点だと
思うのですが......。(2017/12/04 10:12)

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

製造業では中小は大手と同じことをやっていてはだめということは
半ば常識になっていると思います。でも小売の世界はまだそれが常識に
なっていない気がします。大手と同じ定番商品を並べても勝てるわけが
ないので、さてどうしたらよいか?ここから考えることがスタート点だと
思うのですが......。(2017/12/04 10:12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長