• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

ベンチャー最前線 「CoCo壱」創業者が店を叩き壊した朝

レビュー

とても参考になった
 

90%

まあ参考になった
 

6%

参考にならなかった
 

2%

ぜひ読むべき
 

82%

読んだほうがよい
 

13%

どちらでもよい
 

3%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

他の人も書いているけれど、ココイチって値段が高いし、具も多くない。トッピングの名目ですべて別料金。あっという間に一人1000円超。これでよくお客さんが入り、経営が成り立っているなあと逆に感心しています。カレーだけだし、トッピングはすべて割高ということから原価率が低いのかな。それにバイトもやりがい搾取かな。他のファストフード店が苦労している中、その秘訣を知りたいものです。(2017/12/10 02:18)

近くにあるココイチは接客が悪いので2度と行かないと決めた。そして、その時のエピソードをアンケートに書いて投書した。
この記事と大分違うなぁ。
一番上の人が大層な事言っても末端まで伝わらないなら、意味のない事なんだと感じた。(2017/12/09 09:50)

創業者自らが悔しくて取り壊したという福島森合店。

”この話をしていたら、また福島のあの場所に行ってみたくなりましたよ。今、何があるんでしょうかね。”とありましたので、過去の電話帳を頼りに住所で検索したところ、今は、煮豚亭砂馬というラーメン屋さんになり、昼は行列のできる繁盛店になってるとのこと。

その事実を知ったら宗次さんはまた悔しがるのでしょうね。(2017/12/08 19:52)

昔、森合店には良く行きました。
今回の記事には無かったのですが、ここの店舗が閉店となった理由の1つは、開店と前後してすぐ近くに国道13号線バイパス(通称 西道路)が開通した事により車の流れが変わってしまった事が大きいです。
元社長が孤軍奮闘していた98年には 西道路沿いに大型ショッピングセンターが開店し福島市市内の人と車の流れが変わる決定打となりました。新しく出来たバイパスから見て裏通りとなってしまった森合店は客足が遠のいてしまったのではないでしょうか。
また元社長が気にされていた その後の跡地ですが居抜で同じ様なカレーチェーン店が入りましたが程なく閉店しています。さらにその後に個人経営のラーメン屋が入り地元の人からも愛される人気店となっております。(2017/12/08 18:12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授