• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「0点のテスト」からは学ぶことがたくさんある

第4回:「ビリギャル」著者・坪田信貴さん×大胡田誠弁護士 対談(前編)

2015年8月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全盲でありながら司法試験に合格した大胡田誠さん。その半生を綴った著書『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP社)は今夏、「静岡書店大賞が選ぶ夏の推薦図書2015」中学生部門にも選ばれた。
 一方、2013年12月に発売以来、累計100万部を突破する大ヒットとなったのが坪田信貴さんの『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』。通称『ビリギャル』である。
 今回、話題の本の著者2人が対談。互いの本の感想から始まり、困難に直面した時の乗り越え方、生徒やクライアントへの寄り添い方などを自由に語り合ってもらった。

お2人とも初の著書が映像化されるなど大いに話題になっていますね。坪田さんの『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』はミリオンセラーにもなりました。

大胡田:僕は坪田さんの『ビリギャル』をずいぶん早くに読んだんですよ。発売は2013年12月でしたが、その翌年の春には点字版が出ました。それだけ読みたい人が多かったのだと思います。

坪田:ありがとうございます。

坪田さん(左)の『ビリギャル』は映画化されて大ヒットに。大胡田さん(右)の『全盲の僕が弁護士になった理由』は昨年、原案でテレビドラマ化された(写真:鈴木愛子、以下同)

大胡田:ビリギャルが売れたのは、今の日本社会が求めているものが書いてあるからなのでしょうね。多様に生きるため、閉塞感を打ち破るためのノウハウがたくさん詰まっていると感じました。

 「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読んでしまったエピソードなど、主人公・はるかちゃんの言動もとても面白くて、中学生や高校生にも楽しんで読める本ですね。

今の中高生は漫画も雑誌も読まない

 

活字離れが進んで本を読む若者はぐんと減っています。映像には映像の良さがあるけれど、本だからこそより深く伝わる面もあると思います。我々出版界にいる人間からすると、どうやって本の素晴らしさを伝えていけるかが課題です。

 

坪田:活字離れに関しては、塾で中高生を教えている僕は毎日、ものすごくリアルに感じています。今の中高生たちは、本はもちろんのこと、漫画も雑誌も読まない。「活字自体が嫌だ」と言う子がすごく多いのです。

 でも僕自身は活字で育ってきたから、その良さを何とか伝えたかった。「本って、読んでみると意外と面白いものだよ」という思いを込めて「ビリギャル」を書きました。狙い通り、中高生が「面白かった」と話してくれたり、ツイートしてくれたりしたのは嬉しかったですね。1つ、目的を達成できたという気がしました。

 テレビの情報は瞬間的に流れていきます。情報をとどめておくには記憶しなくてはなりません。場合によっては誤解や間違いも起き得ます。けれど文字は不変。一生どころか、その後、何百年も何千年も残る可能性もあります。深く思考するのに適した媒体だと思います。瞬間、瞬間のコミュニケーションも楽しいけれど、何百年、何千年という単位で人類史上の天才、秀才たちとの対話が楽しめるというのは贅沢なことですよね。

 僕も大胡田さんが書いた『全盲の僕が弁護士になった理由』を読ませていただきましたが、「はじめに」でいきなり感動しちゃって、なんていう本なのかと思いました。

 実は、読み始める前は、少し暗い感動物語なのかと思っていたんです。

大胡田:ああ、障がい者ってそういうイメージがあるかもしれませんね。

坪田:そうしたら、すごく明るい。本で使っている字も大きくて、行間も空いていて、すごく読みやすいと感じました。

大胡田:実は、弱視の方にも読めるようにと非常に気を配ってつくりました。目が見えないハンディをどう乗り越えてきたかというストーリーなのに、その点を配慮しないのはおかしいと思ったのです。どれぐらいの文字数、行間が良いかを実験して決めました。
 

   

コメント0

「全盲弁護士が語る「あきらめない心の鍛え方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック