• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

はやぶさ2の「地球スイングバイ」、いざ本番!

その意味と、準備を進めてきたわくわく現場(2)

2015年12月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 地球への最接近まであと数時間。地球をかすめる「地球スイングバイ」の超精密誘導とはどういうものか、ドキドキしながらお伝えします。

 「はやぶさ2」はわずか2回の軌道補正(TCM1とTCM2)のみで、今日(2015年12月3日)、腰を抜かすほど精密な軌道と超精密に設定された速度で地球をかすめる。

 「地球スイングバイ」だ。

 地球への最接近は午後7時7分頃の予定だ。

 地球最接近時の地球からの高度およそ3100km。
 国際宇宙ステーションは地球から高度およそ400kmを周回しているので、それよりおよそ8倍遠い。もっとも、カーナビのGPS衛星は高度およそ2万km、通信衛星などの静止衛星は赤道上空高度3万6000kmなので「はやぶさ2」のコースは地球すれすれと言ってよい。

 そんなに近いなら、肉眼でも「見る」ことができるのだろうか。

 飛来コースは日本でも見える位置で北海道など緯度が高いほうが有利だが、大型の望遠鏡でなければ見えないようだ。
 日本列島は低気圧によってすっぽりと雲に覆われたままのようなので、残念ながら日本での大型の望遠鏡での観測も難しそうだ(無念)。

国産ジェットの40倍の速度で

 その「はやぶさ2」、今日の「地球スイングバイ」によってほとんど燃料を消費せずに、地球から「速度アップ」と「進路変更」というパワーを得るのだ。

 地球最接近時の速度  :時速10万9080km(秒速30.3km)
 スウィングバイ後の速度:時速11万4840km(秒速31.9km)
 増速分        :時速5760km(秒速 1.6.km)

 この速度は、「太陽に対する速度」だが、「地球に対する速度」では時速3万7080km(秒速約10.3km)になる。
 地球に対する速度は遅いとはいうものの、先日、初飛行した国産ジェット旅客機MRJの運用最高速度はおよそ950km。つまり、「はやぶさ2」はMRJの約40倍の速さで私たちの上空を飛び去っていく計算だ。東京駅から羽田空港のちょっと手前まで約1秒で移動するのに相当する速度だ。

 得られるのがわずか5パーセント分の増速とはいえ、この「地球スイングバイ」によって探査機のエンジンは小型化が可能になった。「地球スイングバイ」は探査機自体のコンパクト化を実現し、探査機の製造や打ち上げコストの削減にも貢献しているである。

コメント1

「山根一眞の「よろず反射鏡」」のバックナンバー

一覧

「はやぶさ2の「地球スイングバイ」、いざ本番!」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長