• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スマ、オジサン…水産資源の枯渇救う謎の魚たち

回転ずしでも進むマイナー魚の提供

2016年2月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

水産資源の枯渇が懸念される中、新たな魚を流通させる取り組みが加速する。代替魚の養殖から、限られた地域で流通する「マイナー魚」の活用まで──。全国的に普及する見通しの2016年を目前に、最新事情を追った。(本記事は「日経ビジネス」2015年12月14日号からの転載です。記事中の内容は掲載時点のものです)

「ウナギ味のナマズ重」を披露する日本なまず生産の牧原博文社長(中)、有路昌彦取締役(右)ら(写真=宮田 昌彦)
水質や餌を工夫しウナギに近い味のナマズを開発した
湾内のいけすでスマを養殖(愛媛県愛南町)(写真=以下2点:菅野 勝男)
スマの成魚。クロマグロの代替として期待も

 松山市から南に100km余り。愛媛県の最南端に位置し、高知県と隣り合う愛南町。漁業が盛んな町の湾内を船で進むと、網で囲った幾つかのいけすにたどり着く。現地を訪れた11月24日は、ちょうどいけすを移し替える作業日。クレーンで網を引き上げると、やや小ぶりで青白く光る魚の群れが、海面を勢いよく跳ね回った。

コメント2件コメント/レビュー

マイナー魚、謎の魚と言っても、海釣りを趣味にしている人達からすれば「ああ、あれね。魚屋ではあまり見ないけど結構旨いんだよ。」といった魚種ですね。只、その多くはローカルな魚ですから全国区になった途端に枯渇してしまう可能性もありますので、きちんと生態を把握した上で利用魚種の選択をすべきです。(2016/02/19 11:10)

「Special Report」のバックナンバー

一覧

「スマ、オジサン…水産資源の枯渇救う謎の魚たち」の著者

須永 太一朗

須永 太一朗(すなが・たいちろう)

日本経済新聞証券部

2003年一橋大学社会学部卒業、日本経済新聞社に入社。西部支社(福岡)で警察、企業、県政を順に担当。その後は主に証券部で日本株相場を取材。14年3月、日経ビジネス記者に。17年4月、日本経済新聞証券部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マイナー魚、謎の魚と言っても、海釣りを趣味にしている人達からすれば「ああ、あれね。魚屋ではあまり見ないけど結構旨いんだよ。」といった魚種ですね。只、その多くはローカルな魚ですから全国区になった途端に枯渇してしまう可能性もありますので、きちんと生態を把握した上で利用魚種の選択をすべきです。(2016/02/19 11:10)

今まで無価値であった資源や、新たな資源の活用には是非期待をしたいところです。
流通の問題やビジネス化の困難さは理解しているつもりですが、それも含めて頑張っていただきたいところです。
一方で、現在の流通の問題にも切り込むべきだと思いました。
例えば、スーパーや牛丼屋で販売されている鰻がどれだけ廃棄されているのでしょうか・・・
鰻は専門店でしか食べない私が言っても説得力はありませんが、流通や販売に規制をかけることで乱獲が抑えられる可能性が高いと思います。
いずれにしても、そのようなバランスを取りながら、上手く資源と付き合っていく必要があると改めて思う次第です。(2016/02/18 09:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長