• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

職人育成&現地仕様で「日本庭園」を世界に発信

小杉造園|日本庭園の造園や植栽管理

2016年3月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界各国で日本庭園造りに取り組む。海外で調達しやすい原料を使い、管理しやすい仕様にアレンジする。海外からの研修生も受け入れ、日本文化の伝道に力を注いでいる。

日本文化伝える伝道師に
小杉造園が手がけたアゼルバイジャンの庭園。
外国人研修生に技術を教えるなど、海外への啓蒙活動にも力を入れている

 日本文化への関心が世界的に高まっている。その代表である和食と同様に人気が高いのが日本庭園だ。電通の「ジャパンブランド調査2015」では、日本を対象とした外国人の興味や関心として、日本庭園が日本食、旅行、温泉に次いで4位に入った。

 欧米での「禅(ZEN)」ブームが追い風となり、最近でも日本庭園の人気は高まっている。その裏側には、いち早く海外市場を開拓し、日本庭園の価値を伝えてきた企業の存在がある。東京都世田谷区の小杉造園だ。

海外で10カ所の施工実績

 同社の海外での施工実績はこれまでに約10カ所。大半が、その国の政府や要人が顧客となる重要な案件だ。例えばカスピ海の西側に位置するアゼルバイジャン。回遊式の枯山水を持つ約2600平方メートルの巨大庭園を、都市公園の中に2009年に造園した。

 同国では2015年にも首都バクーの大統領公園内に鳥居や滝のある約600平方メートルの庭園を手掛けた(上の写真)。開園式の様子などは現地メディアでも大きく紹介されたという。

 このほか、受注実績があるのはバーレーンやキューバなどで、小杉左岐社長は「日本人があまり行かない国に日本文化を伝え、ファンを増やすことを大事に考えている」と説明する。日本での事業の繁忙期との兼ね合いで海外案件は年間3件程度としているが、政府や富裕層からの依頼は年々増加。売上高12億円の規模ながら、海外でこれほどの実績を持つ企業は稀有という。

 海外事業で難しいのが、完成した後の維持管理だ。樹木が乱雑に生い茂れば景観を損ない、枯山水で使われる砂や苔を美しく保つのは難しい。小杉造園の強みは、設計から施工までを一気通貫に行うだけでなく、管理を含めた「現地化」にある。

 海外から依頼があると、まず造園技術に長けた職人を現地に5~10人派遣する。現地の土壌や調達できる樹木や岩石などを調査し、どうすれば日本庭園らしさが表現できるかを追求する。

 重機が調達しにくい、日中の気温が高く過酷な環境に置かれるなど、海外ならではのハードルもある。小杉社長は「いかに現地の状況に合わせて柔軟に対応できるかが、職人には求められる」と話す。

 施工にも工夫が必要になる。日本では砂で水を表現する枯山水では、砂の代わりに玉砂利を敷き詰め、苔の代わりに芝生を使う。また、紅葉や桜など、手をあまり入れなくてもきれいに伸びる樹木を使うことも多い。鳥居など現地調達が難しいものは部材を日本から輸出し、現地で組み立てる。

 こうした一連の準備・工事はすべて日本から派遣した職人が、現地の作業員を指導しながら協力して進める。造園のノウハウを伝えることで、メンテナンスも現地作業員だけで担えるようにするためだ。小杉社長は「完成後も定期的に日本から職人が指導に行くが、現地の人々が日常的に維持管理できることに主眼を置いている」と話す。

コメント0

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「職人育成&現地仕様で「日本庭園」を世界に発信」の著者

河野 祥平

河野 祥平(こうの・しょうへい)

日経ビジネス編集記者

2006年日本経済新聞社入社。社会部、消費産業部などで警視庁、ネット業界などを担当。直近では企業報道部でビール・清涼飲料業界を取材。2015年4月から日経ビジネス。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長