• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1000円でも大人気、“歯ブラシのエルメス”

夢職人|高級歯ブラシの製造・販売

2016年5月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「1本1000円」という歯ブラシの常識を超えた値付けにもかかわらず、一度使ったらやめられない利用者が続出。歯磨き粉を使わなくても歯がツルツルになる革命的な高級歯ブラシは、夢見る発明家の試行錯誤から始まった。
1本1000円の高級歯ブラシ
夢職人の高級歯ブラシは、全て国内工場で職人が手作り。「歯がツルツルになる」と口コミが広がり出荷数が伸び、海外展開も加速している(写真=下:菅野 勝男)

 「インテリア業界のパリコレ」とも呼ばれるインテリアデザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」。2016年1月にパリで開催された同見本市では連日、初出展したある日本企業のブースが話題となっていた。それが1本1000円の高級歯ブラシ「MISOKA(ミソカ)」を製造・販売するベンチャー企業、夢職人(大阪府箕面市)だ。

 「なにこれ、歯がツルツルになっていく」。フランスなど欧州各国だけでなく世界各地から会場に集まっていたインテリア業界のバイヤーは、夢職人のブースでミソカを試用すると、次々と驚きの声を上げていた。

ミネラル成分で歯がツルツル

 2007年に辻陽平社長が設立した夢職人の主力商品がミソカ(1本1000円)。デザインにこだわり、さらに高額な歯ブラシ「イズム(同1400円)」など、ラインアップを増やしつつある。

「欧州での商談では大きな手ごたえを感じた」と自信を見せる辻陽平社長(写真=菅野 勝男)

 口コミで話題を呼び、国内での販路を徐々に拡大。東急ハンズやロフトなど大手雑貨店での取り扱いだけでなく現在は、高島屋や三越伊勢丹などの百貨店でも販売している。2014年に台湾で販売を開始し海外に進出。今年は欧州進出を狙い、メゾン・エ・オブジェに出展し、フランスや英国、ドイツなど欧州市場の販路開拓を急ぐ。

 歯磨き粉を使わなくても歯がツルツルになるというミソカの秘密は、辻社長が発明し特許を持つ、「歯に親水性コーティングをもたらすミネラル成分の配合技術」などにある。磨いた歯の表面にブラシに塗布したミネラル成分が付着する仕組みで、歯が親水性の状態になる。これにより水が当たると歯の汚れが浮き上がり、汚れにくくツルツルの状態が長持ちするのだ。「具体的なミネラル成分の種類や配合数などは企業秘密」(辻社長)。このミネラル成分をナノサイズまで細かくし、歯ブラシに特殊な付着技術を使いコーティングしていくのが最大のポイントだ。

コメント0

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「1000円でも大人気、“歯ブラシのエルメス”」の著者

宗像 誠之

宗像 誠之(むなかた・せいじ)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日本経済新聞社産業部、日経コンピュータを経て、2013年1月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長