• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ファミマとユニー、「統合の代償」と苦闘

もはや「セブンの真似」では立ち行かない

2017年7月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コンビニ事業での規模を追い求め、2016年9月に経営統合した。低迷するGMSをグループに抱えるなどM&A(合併・買収)の「代償」もあり、再建は待ったなし。主力事業のコンビニにも、加盟店の疲弊など構造問題が立ちはだかる。

4月19日、サンクスから看板を替えて新装オープンしたファミリーマート西早稲田店(写真=藤村 広平)

 「単にオシャレな売り場なら我々にも作れるが、運営ノウハウは一朝一夕に身につけられるものではない」

 ユニー上席執行役員の浅井和彦氏は率直にそう語る。今年2月、大規模改装を終えて名古屋市に開業したユニーのGMS(総合スーパー)、アピタ新守山店。同社がリニューアルの目玉に据えたのは、TSUTAYAと開発した書籍や音楽ソフトの複合店「草叢(くさむら)ブックス」の出店だった。

 ユニーは改装にあたり、まず衣料品や住居関連商品を置いていた2階の直営売り場を縮小。フロア全体の半分を、まるまるTSUTAYAに委ねた。

 草叢ブックスはむき出しの天井やすこし暗めの照明などで、雰囲気を出した。売り場の中央にはスターバックスコーヒーを誘致し、計308の座席を配置した。モノを売る場所というより、店内で過ごす時間そのものに価値を見いだしてもらう狙いだ。店内は学校帰りの女子高生など、GMSがこれまであまり集客できていない客層でにぎわう。

 「直営売り場への集客につなげたい」。浅井氏がそう期待する通り、改装後の1カ月間で、同店の衣料品は前年に比べ20%の増収になった。ただし手放しで喜べる話ではない。魅力ある売り場をユニーが自前で作れなくなっている現実の裏返しでもあるからだ。増収とはいえ、衣料品は直営売上高の10%にすぎない。2月末の取材時、同店の衣料品売り場は草叢ブックスと同じ階にあると思えないほど閑散としていた。

アピタ新守山店の「草叢ブックス」は客でにぎわうが(写真左)、同じ階の衣料品売り場には閑古鳥が鳴く(写真=藤村 広平)
GMS再建は決め手を欠いている
●中計に盛り込まれたユニーの主な施策

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の統合交渉でも、GMS事業の扱いは焦点になった。ファミマ側の狙いがGMSではなくユニー傘下のサークルKサンクスの獲得にあったからだ。「一緒になろうとしてきたのはサークルKサンクスであり、(親会社の)ユニーではなかった」。統合を主導したユニー・ファミマHDの上田準二前社長(現相談役、元ファミマ会長)も、かつて本誌に明かしている。

 だがユニー側は「GMSとコンビニエンスストアを切り離すことはできない」(同社首脳)との姿勢を貫いた。ユニーを含む統合の方向が固まってからも、GMSのリストラなどを巡って協議は長引き、当初の目標とした2015年夏の基本合意は数カ月ずれ込んだ。

 上田前社長は新会社の発足に際して「GMSが一緒でも、グループとして成長の絵を描ける確信が持てた」と語っている。だがユニー・ファミマHDが今年4月にまとめた中期経営計画でGMSについて示したてこ入れ策は「既存店の収益力底上げ」「食品売り場強化」など新味に欠ける内容だった。抜本的な再生への道筋は見えていない。

コメント3件コメント/レビュー

ユニーの問題はそういうこっちゃなくて、一番の問題は、最近あっちにもこっちにも業務スーパーなんかに代表されるような低所得層向けの「激安スーパー」が増えて、それらとの競争に破れたってことなんじゃないかと思います。地方はみんな車で買物行くから、安いスーパーができればちょっと遠くてもそっちに行く。高齢化が進む多摩ニュータウンとか埼玉とか千葉とか見ると、既存のスーパーが激安スーパーに食われてる流れが非常に良くわかります。(2017/07/13 10:11)

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「ファミマとユニー、「統合の代償」と苦闘 」の著者

藤村 広平

藤村 広平(ふじむら・こうへい)

日経ビジネス記者

早稲田大学国際教養学部卒業、日本経済新聞社に入社。整理部勤務、総合商社インド拠点でのインターン研修などを経て、企業報道部で自動車業界を担当。2016年春から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ユニーの問題はそういうこっちゃなくて、一番の問題は、最近あっちにもこっちにも業務スーパーなんかに代表されるような低所得層向けの「激安スーパー」が増えて、それらとの競争に破れたってことなんじゃないかと思います。地方はみんな車で買物行くから、安いスーパーができればちょっと遠くてもそっちに行く。高齢化が進む多摩ニュータウンとか埼玉とか千葉とか見ると、既存のスーパーが激安スーパーに食われてる流れが非常に良くわかります。(2017/07/13 10:11)

サークルKからファミマに転換された店は、おにぎりやお弁当の質が落ちた気がする。PB商品も以前のほうが良かった気がするのは、個人の感想だろうか?(2017/07/13 09:30)

コトラーのポジショニング分析で考えれば、ファミマはいまだにフォロワーの位置にいるのですね。(ニッチャーがセイコーマートなど、チャレンジャーがローソンといったところですか)
最近のファミマの戦略には好感を持っていない一人です。
規模の経済は重要だと思うのですが、せっかく買収した「ココストア」や、「am/pm」、そして「サンクス」の良さを全く活かせていないあたりは。「所詮」といった感を受けています。
商品戦略についても、伊藤忠商事の存在が大きいのでしょうが「made in chaina」の割合が(
需要と逆行して)増えているようですし。
セブンイレブンがセブンプレミアムの改悪が続いたり、フランチャイジーへの無体で評判を落としているのにそれに代わる存在になれないのは、その目標の持ち方に問題があるのではないかと推察します。
GMSに関しては、小手先での改革は難しいでしょうね・・・カテゴリーキラー的な業態へのチェンジかコト消費を推進するサロン的な役割を担うぐらいしか思いつきませんが。
個人的には日本製品だけのお店でも作っていただけたら足繁く通えると思いますが、上が伊藤忠ではそれは無理という話ですね(笑)(2017/07/13 09:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長