• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「奨学金、当社が代わりに返します」

企業は家計に無関心でいられるか

2015年9月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「新卒は平等」がおかしい

 この制度では、同じ新入社員でも額面上は奨学金を受けていた人の方が給与が多くなる。返済に充てるとはいえ、社員同士に不公平感が生まれることはないのか。その懸念に対する、田中社長の回答は明快だ。「そもそも、新入社員だからみんな同じ給料だという方がおかしい」。

 実はオンデーズでは、新卒の初任給も採用の方式によって明確な差を付けている。例えば、転勤がない地域社員の初任給は19万円、転勤可の全国社員が25万円。1カ国語以上の外国語が会社の定める基準に達しており、ほかに課す課題で優秀と認められた幹部候補生は35万円からスタートする。地域社員と比べると実に16万円も差がある。

 「同じ新卒と言っても、人によって大学卒業までに培ったスキルも経験も何もかもが違う。大学で一生懸命勉強して専門技能を磨いた人材と、遊びほうけていたがたまたま面接が得意で受かった人間が、同じ会社に入ったからといってなぜ同じ給料なのか。むしろその方が不公平ではないか」と、田中社長は言う。

 オンデーズの新卒時の階級分けは、永続的ではない。つまり、入社後に基準を満たせば別の給与体系に移ることも可能だ。同社の仕組みは、「その時の能力や会社への貢献度に応じて給与を支払う」という考え方の下に運営されている。

仕組みを生んだ“シューカツ”への疑念

 田中社長には、現在の就職・採用活動に対する強い疑念がある。

 大学全入時代になり、以前だったら大学に行かなかったであろう層が大学に行くようになった。その分、より多くの人が社会に出るまでに多大な時間と学費を費やすようになった。一方で、大卒として社会に送り出される人材の質が高まったようには思えない。「大学で分数の計算を教えている」などといった報道を見るにつけ、社会全体がどこか誤った方向に進んでいる感覚に襲われる。

 中高生の時を含め、人々が学生時代に思い描く人生設計が画一的になった。就職活動が始まると、学生が大挙して「合同説明会」のようなイベントに向かう。有名企業ほどネットにも多くの情報が溢れ、ネットで情報収集する学生を引きつけ、雇用のミスマッチが加速する。その結果、知名度が低い企業は、学生と企業を結びつけるような「採用ビジネス」に頼らなければ人が採れない状況も生まれている。

 社会が必要とするスキルに関係なく教育を施し、それに盲目的に投資し、その人材を用いてビジネスを展開しようとする。本当に必要な人材を得るためのコストが余計に高まり、「世の中がどんどん非効率な方向に向かっているように思える」と、田中社長は言う。

コメント8件コメント/レビュー

税金はどうなっているのでしょうか…興味があります。
会社の経費として、そして給与所得に算入されない給与として扱われるのであれば、非常に素晴らしい制度ではないでしょうか。
本来会社が教育すべき事項を大学がある程度担い、それに対する経費として見做すことはやぶさかではないと考えますが。
そのような社会制度の構築を切に願います。(2015/09/08 10:04)

オススメ情報

「2000万人の貧困」のバックナンバー

一覧

「「奨学金、当社が代わりに返します」」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

税金はどうなっているのでしょうか…興味があります。
会社の経費として、そして給与所得に算入されない給与として扱われるのであれば、非常に素晴らしい制度ではないでしょうか。
本来会社が教育すべき事項を大学がある程度担い、それに対する経費として見做すことはやぶさかではないと考えますが。
そのような社会制度の構築を切に願います。(2015/09/08 10:04)

アメリカでは就職してから、
必要なスキルを得るために大学院で学ぶ人が多いです。
特にハーバード経営大学院(MBA)は、昼間会社で働く人が
ほとんどと聞きます。
当然、学費はアメリカ企業持ちです(会社に籍を置き【休暇を取る】という形を取っているので)(2015/09/04 12:11)

3月の日本学生支援機構・遠藤理事長のインタビュー記事の中で、経済同友会による教育関係の提言や返還金の給料天引きに言及されていましたが、この「奨学金返金救済制度」こそ同友会あるいは経団連内部で検討して速やかに実施できる施策ではないかと思います。国への制度変更の要望も結構ですが、自身の従業員への給与について自由に意思決定ができる経営者の集まりでこのアイデアは議論されなかったのでしょうか? 遠藤理事長のご意見も是非伺いたいと思います。(2015/09/04 09:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント