• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソニー、無配転落も株主総会異常なし!

出席者半減で淡々と

2015年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月23日、東京・品川のグランドプリンスホテル高輪で、ソニーの第98回株主総会が開かれた。1958年の株式上場以来、初の無配転落。2期連続となる1259億円の最終赤字。売上高営業利益率は0.8%にとどまり、2015年3月期を最終年度とする中期経営計画で目標としていた5%に遠く及ばなかった。

 突っ込みどころ満載の総会は、大荒れになる可能性大。報道陣は別室でモニターを見ることしか許されないが、怒れる株主の声を読者にお届けするため、会場に駆け付けたシニア記者である。

 今週は3月期決算企業の株主総会が集中する。JR品川駅の改札を出ると、スーツ姿の若い社員が4人ほど「株式会社○○株主総会→」と書いたプラカードを持って立っている。

「えーっと、私の会社は」

 プラカードに近づいて確かめる、妙齢のご婦人。このあたり、ホテルも会社もたくさんありますからな。どうぞ、お間違えのないように。

 ソニーの会場はいまさら確認する必要もないのだが、何の気なしにプラカードを見ると、会場の方向を示す赤い矢印の下に、同じく赤い文字で、こう記されている。

「お土産のご用意はございません(SONY)」

 お土産?
 実はこの後、小さな文字で書かれたこの一文が、今回の総会のカギであることに気づくのだが、いまはまだ触れない。(おおっ、サスペンスみたいじゃ!)

 品川駅の高輪口からホテルへつながる坂道がきつい。大学生のころ、ここで配膳のアルバイトをしていたシニア記者はバイトの時間に遅れそうになると、この坂を軽々と駆け上がったものだった。しかし今や昔。お年寄りの個人株主さんたちと一緒に、ゆっくり、ゆっくり坂を上るシニア記者である。

コメント0

「大西康之「突撃!ニュースの現場」」のバックナンバー

一覧

「ソニー、無配転落も株主総会異常なし!」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長