• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝、株主総会「焼き鳥弁当、お土産なし」

不適切会計でも出席者半減

2015年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

あの東芝の株主総会にやってきました

 本日はお日柄もよろしく。今度は「あの東芝」である。6月25日、木曜日の午前9時30分。シニア記者はJR両国駅に降り立ち、東芝の第176期株主総会が開かれる国技館に向かった。

 改札を出ると、やはりいました。会場案内の看板を持った東芝の若手社員。朝からご苦労様です。目の前にそびえ立つ国技館へ行くのに迷う株主はおらんと思うが…。そう思いつつ国技館に向かって歩き出す。

今日も総会集中日。両国駅前にも、いろんな会社のプラカードが。

 おーっと、ここにもまた、どこかで見たようなプラカードが。

 「従来お配りしていたお土産、焼き鳥弁当はご用意致しておりません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」

東芝も「お土産なし」。

 出ました、一昨日のソニーの株主総会と同じ「お土産なし」攻撃。東芝さんは「焼き鳥弁当」もお配りでしたか。そうですか。国技館で焼き鳥弁当とはこりゃまたおつですな。一杯行きたくなっちまいますな。いやあっしは下戸なんですがね…。

 などと下町気分に浸っとるバヤイではない。「あの東芝」の株主総会なのだ。

 (報道によると)内部告発で「一部社会インフラ事業の不適切な会計」が判明し、社内調査をしてみたら半導体事業でもパソコン事業でも電力システム、医療事業でも「不適切」がボロボロと見つかり、「こりゃいかん」と第三者委員会を立ち上げて「ただいま詳しく調査中」の、あの東芝である。

 あんまりたくさん「不適切」が見つかったものだから、2015年3月期の決算が締められず、最終損益が赤字か黒字かも分からぬまま株主総会当日を迎えるという、前代未聞の状況にある、あの東芝である。

 おまけに現社長が就任したときには、前々社長が「会社を立て直してほしい」と前社長を批判し、前社長が「私はちゃんと責任を果たしました!」とやり返して、世間の注目を浴びた、あの東芝である。

コメント1

「大西康之「突撃!ニュースの現場」」のバックナンバー

一覧

「東芝、株主総会「焼き鳥弁当、お土産なし」」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏