• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“平仮名”はこうして生まれた

2018年1月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

最初期の平仮名の姿がうかがえる、藤原良相邸より出土した墨書土器
(公益財団法人 京都市埋蔵文化財研究所)

 日本最古の歴史書『古事記』の原文が全て漢字で記されていたこと、また日本独自の文字である平仮名が漢字を崩して編み出されたものであることは、現代においては意外に知られていないことなのかもしれません。

 もともと文字を持たなかった日本人は、中国文化を受容した際に日本語を捨て中国語にする、あるいは西洋文化を受容した際に仮名による表記を捨てアルファベット表記へ切り替えるという選択肢もあったのかもしれませんが、そうすることを選びませんでした。この取捨選択に、日本人らしさが見えてきます。

 今回も九州国立博物館の島谷弘幸館長と、古代史を巡るお話をさせて頂きました。

書家 木下真理子

日本語を文字で表す創意工夫

木下:現代ではあまり知られていないと思うのですが、奈良時代に入り、日本最古の歴史書である『古事記』(712年)、日本最古の和歌集『万葉集』(759年)が編纂されて、それは全て漢字で表記されています。

 ただ、『古事記』より数年経って編纂された『日本書紀』(720年)が基本的に“漢文”で書かれていることに対して、『古事記』は、漢文様式の“国語文”である「変体漢文(和化漢文とも言われる)」で、漢字を借字として使用していますよね。

日本語でも全て漢字で記された、真福寺本 古事記(国立国会図書館)

島谷:漢字をそのまま使うのではなく、借字として使うことについてですが、日本語の“発音”と同じ漢字の発音、つまり中国語の“音(おん)”を借りて当てはめたものが「音仮名」。日本語の言葉の“意味”に見合った漢字を借りてきて、日本の“訓(くん)”読みとして当てはめたものが「訓仮名」です。

木下:借りてきた文字だから“かりな”、転じて“かな”、見た目は漢字であっても「仮名」と言うわけですね。

島谷:ただ、和歌などは韻を踏んで区切れるので大体分かりますが、“音”と“訓”が混ざって長くなると、漢字だらけで読みにくいですよね。

 なので『古事記』は文法的には漢文様式を取り入れつつ、ここからここまでは“音読”だよ、とも補記したわけです。

木下:稗田阿礼(ひえだのあれ)が暗唱していた古来の物語を、太安万侶(おおのやすまろ)が漢字を使って表記したとされていますが、おそらく漢文の素養があったであろう彼をしても、口伝えであったものを文字で表記することには苦労して。その難しさが『古事記』の序文で述べられています。

古事記編纂千三百年(2012年) 淡路島の伊弉諾神宮にて
(photo by nanaco、以下 対談写真も同)

 ところで漢字を借字したものを、本来の漢字とは区別して、先程の音仮名、訓仮名などもそうですが、まとめて「真仮名(まがな)」と言いますよね。

コメント2件コメント/レビュー

中国(大陸)の簡体字は、カタカナの一種ではないかと思っています。中国(台湾)の字は間違いなく漢字ですが。 1000年経ってあちらもカナを覚えたな、と。 やっぱりカナは便利ですからねえ。そのうち、表意文字と表音文字を交じり文になるのかしら。もしかすると、今でもそうなのですか?(2018/01/23 14:15)

オススメ情報

「和道 日本文化 心のしきたり 美のこだわり」のバックナンバー

一覧

「“平仮名”はこうして生まれた」の著者

木下 真理子

木下 真理子(きのした・まりこ)

書家/書道文化研究会 主宰

雅号は秀翠(しゅうすい)。中国及び日本古来の伝統芸術としての漢字、漢字仮名交じり書を探求。自身の創作活動の他に、映画、出版物、展覧会、広告等、様々な分野の題字を手掛ける。書道研究会「翠風会」を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国(大陸)の簡体字は、カタカナの一種ではないかと思っています。中国(台湾)の字は間違いなく漢字ですが。 1000年経ってあちらもカナを覚えたな、と。 やっぱりカナは便利ですからねえ。そのうち、表意文字と表音文字を交じり文になるのかしら。もしかすると、今でもそうなのですか?(2018/01/23 14:15)

「もともと日本人は文字を持たなかった」と私も学校で習いました。ただ、最近岩に刻まれた神代文字が複数の神社で見つけられ(昔からあったようですが)、ヒエログリフとの類似性などが認知され、一概に持たなかったとは言い切れないようです。
日本書紀は大陸から移住し、政権を取った一族が、それまであった歴史をどうも消して、自分たちの正当性を主張するために編纂された書物であると言う概念が一般的になりつつあります。確かに日本書紀に書かれる「すめらみこと」、英雄の氏名に当て字の漢字表記は違和感が。既に音があり、それに意味ではなく当て字をしているような、ところもあります。
いずれにせよ米国の学会では日本の古代に文字があったと認知しており、日本の学界では認められていないようです。よくある話ですね(笑)。(2018/01/23 08:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

過去の、特に痛い歴史を次の世代に伝えることは、過去を知る者の使命です。

清野 智 東日本旅客鉄道会長