• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

先が見えない改革でも「とにかく最善を尽くした」

第6回 良品計画・松井忠三 前会長(3)

  • 慶応ビジネス・スクール

バックナンバー

2015年7月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

松井忠三(まつい・ただみつ)氏
1949年静岡県生まれ。73年東京教育大学(現筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(現西友)入社。91年良品計画に出向、翌年入社。総務人事部長、無印良品事業部長を経て2001年社長に就任。赤字状態の組織を風土から改革し業績のV字回復を遂げる。08年に会長就任。今年5月に会長を退任、名誉顧問に。(写真=陶山勉、以下同)

 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネス・スクール)が開設したエグゼクティブ向けプログラム「Executive MBA」。

 「経営者討論科目」で良品計画前会長、松井忠三名誉顧問が「無印良品は、仕組みが9割」と題して行った講演の後には、受講者との間で活発な質疑応答が繰り広げられた。改革に反対する社員への対し方、改革を断行する際の心構えなどの質問に対し、当事者ならではの興味深い回答を示した。(取材・構成:小林佳代)

【経営改革について】

 業績が急激に悪化し、「終わった」とまで評された無印良品をV字回復させる改革を断行していった過程では、経営者として様々な悩みもあったことと思います。その時、心の支えになった考え方、信念、言葉などがあれば教えてください。

松井:社長になった2001年は本当に先が見えませんでした。「まずは出血を止めなくては」と、あれこれ手を打ちましたが、それが正しいのか、成果が出るのかどうかは分かりませんでした。

 そんな最中、確か7月か8月でしたが、NHKで放送していた元寇を取り上げた番組を見る機会がありました。

 鎌倉幕府の執権・北条時宗は攻めてくる元に対し、思い悩んだ末に戦うことを決めます。2度目の元寇の前、時宗は建長寺を訪ねて無学祖元に教えを請いました。無学祖元は「莫煩悩(まくぼんのう)」と紙に書いて時宗に渡したといいます。

「なんじ煩悩するなかれ」

 「なんじ煩悩するなかれ」。迷わず、悩まず、目の前のことに取り組みなさい。そういうことです。無学祖元に言葉をもらった時宗が対応した元寇の結果は、皆さんご存じの通りです。

 社長になって、必死で出血を止めようとしていた私の気持ちは、元寇を迎えた時宗と同じでしたから、このテレビ番組で出会った莫煩悩という言葉が心に響きました。

 先は見えない、結果は分からないけれど、とにかく最善だけは尽くす。改革を実行しようとすれば、様々な障害が立ちふさがりますが、自分の考えたことを信じて行動しなくてはならないと思いました。「やり抜くこと」こそが社長にとって一番大事なことです。

 経営の責任は最終的にはトップが取ります。うまくいかなかった時にはさっさと身を引こうという覚悟さえ持てば、相当なことができます。そう決意を固めて改革に臨みました。

改革の途上では社内の反対に遭うことも多かったと思います。どうやって乗り越えましたか。

松井:社内で新しい取り組みをしていると、スムーズに進まないケースがたくさん出てきます。これにどう対応するかというのは改革を進める上でのカギでした。

 例えば「MUJIGRAM」をつくる時、ベテラン店長はみな反対しました。さすがに反対したベテラン店長を全員外してしまうと社内がギスギスしますから、そこまではできません。そこで私は彼らをMUJIGRAM作成の委員に任命しました。積極的に作成にかかわらざるを得ない状態にしたのです。

コメント0

「慶応ビジネス・スクール EXECUTIVE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官