• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

M&Aは「有事」、トップに情報を集中させよ

第17回 日本たばこ産業 新貝康司・代表取締役副社長(2)

  • 慶応ビジネス・スクール

バックナンバー

2015年12月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新貝康司(しんがい・やすし)氏
1980年京都大学院電子工学課程修士課程修了後、専売公社(JT)に入社。89年ニューヨーク事務所所長代理、90年JT America Inc.社長に就任。財務企画部長、財務責任者(CFO)などを経て2006年日本、中国以外のたばこ事業の世界本社であるJapan Tobacco International社(ジュネーブ)の副社長兼副CEOに就く。ギャラハー社買収と統合の指揮を執る。現在、JT代表取締役副社長。2014年からはリクルートホールディングス社外取締役。著書に『JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書』(日経BP社)。(写真=陶山勉、以下同)

 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネス・スクール)がエグゼクティブ向けに開設する「Executive MBA」。

 大型海外M&A(合併・買収)を実行し、グローバル企業へと変革を遂げた日本たばこ産業(JT)。M&Aの計画準備段階から買収交渉、統合、その後の経営に至るまでをリードしてきた新貝康司・JT代表取締役副社長が買収を成功に導くためのポイントを説明した。

 買収契約を発表する記者会見は華々しいが、あくまでも買収の成功は統合の成功。「製品・サービス市場」「人材市場」「資本市場」で競争力を獲得できるよう導くことが必要と説明する。トップマネジメントがどれだけ体力、知力、時間を注げるかに成否がかかる。

(取材・構成:小林佳代)

 ここからはM&A後の経営実務についてお話ししていきましょう。

 JTの海外たばこ事業を運営しているのは子会社のJTインターナショナルという会社です。本社はスイス・ジュネーブにあります。役員は17人いますが、日本人はそのうち2人だけ。11ヵ国籍の人たちから成ります。

 JTは多くの買収をしてきましたが、今の海外たばこ事業の原動力になっているのは2度の大型買収です。1度目は1999年5月、約9400億円かけたRJRナビスコの海外たばこ事業買収。2度目が2007年4月の英ギャラハー買収です。

日本人に過度に依存しない

 JTの海外たばこ事業の特徴として言えるのは「日本人に過度に依存しないグローバル化」です。JTからJTインターナショナルに赴任している社員は190人ほど。JTインターナショナルは2万6000人もの従業員を抱えていますから、いかにマルチナショナルで多様性に富んだ組織になっているかが分かると思います。

 さて、では「買収が成功した」というのは、どのタイミングで、何をもって測るのでしょうか。

 皆さんがよく見かけるのは、買収元、買収先の最高経営責任者(CEO)や社長が出てきて、記者会見で買収契約が成立したと華々しく発表している場面でしょう。

コメント1

「慶応ビジネス・スクール EXECUTIVE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官