• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米軍基地と地元の関係は渉外官頼み

2015年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者は、主要な米軍基地とそれらを抱える沖縄の市町村に赴き、意見交換をする機会に恵まれた。米軍基地と地元との関係について聞き取り調査をするためである。

 この調査での最大の発見は、両者間のコミュニケーションがうまく取れていないケースが多々見られることだった。一方、例外的にうまくコミュニケーションが取れているところには必ず、献身的に両者間を取り持つ人(媒介)がいた。

 話を進める前に、沖縄に所在する米政府機関について述べておこう。まずは、米国務省(日本の外務省に相当)の傘下にある総領事館と、米軍とに大別できる。

 沖縄には陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4軍が揃っている。陸海空軍は東京近郊に本部を置いている。会社に例えて言えば、東京支社の出張所が沖縄にあるイメージだ(本社はワシントンDC)。一方、海兵隊は第3海兵遠征軍(Ⅲ MEF)が沖縄に存在し、Ⅲ MEFの本部も沖縄にある。海兵隊の場合、本社(ワシントンDC)直轄の沖縄部(兵遠征軍は全世界に3つしか存在しない)があるイメージになる。これだけを見ても、海兵隊において沖縄の比重がいかに大きいかが分かるだろう。

 Ⅲ MEF本部の下に、会計部門や法務部門、政治外交部門(G7)など事務支援部署と、各戦闘部隊がぶら下がっており、それぞれが定められた基地に所在する。また、各基地には基地司令官が別途存在する。この基地司令官は、基地において兵士が安全に訓練や作戦ができるよう、安全性の確保や、備品の調達などいわゆる基地管理の任務を担当する(よって訓練内容などにはノータッチ)。地元との関係維持(改善)も任務の中に含まれている。基本的に兵士は2〜3年交替で転勤になるのだが、基地司令官は制服組である必要がないので、背広組が長期間その任に就く可能性もある。

米軍基地に関連して日米に様々な組織

 一方、沖縄県の市町村の側にはどのような組織があるのか。米軍基地を抱える(中には過去形のものもあるが)市町村と県とが沖縄県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)を構成している。このほか、嘉手納飛行場を抱える沖縄市、嘉手納町と北谷(ちゃたん)町が三市町連絡協議会(三連協)を別途作っている。

 筆者が沖縄にいた頃は年2回、軍転協が要請文(沖縄の負担軽減を訴える内容)を作成し、日本の外務省や防衛省、沖縄にある米国の総領事館、東京の米国大使館、そして4軍調整事務所に渡していた。4軍調整事務所は、県庁のカウンターパートになる米軍の組織で、米4軍間の予定などを文字通り「調整」している(4軍の各司令官に命令ができるわけではない)。事件や事故が起った際にも、県や軍転協、三連協は4軍調整事務所に抗議に赴く。

コメント5件コメント/レビュー

「沖縄の米軍基地と地元の人々のコミュニケーションをもっと密にすべき」というのはもう何十年も前から言われていることであり、「何を今更」という感が拭えない。そして記事中の梅原氏の様に20年もそういった活動を続けられて成果を上げている方がいらっしゃるにもかかわらず、他の地域にその運動が広まらないのは何故なのか?これを各地の渉外官の資質の問題だけに帰するのは無理があるように感じる。こういった活動を阻害し基地と地元の人々の分断を謀る勢力の存在が原因なのではないだろうか?(2015/07/02 12:06)

「「沖縄外務省アメリカ局」での勤務を命ず!」のバックナンバー

一覧

「米軍基地と地元の関係は渉外官頼み」の著者

吉川 由紀枝

吉川 由紀枝(よしかわ・ゆきえ)

ライシャワーセンター 研究員

慶応義塾大学商学部卒業。アクセンチュアに勤務。2005年コロンビア大学にて修士号取得後、ライシャワーセンターにてアジャンクト・フェロー。2012年-2014年は沖縄県知事公室地域安全政策課主任研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「沖縄の米軍基地と地元の人々のコミュニケーションをもっと密にすべき」というのはもう何十年も前から言われていることであり、「何を今更」という感が拭えない。そして記事中の梅原氏の様に20年もそういった活動を続けられて成果を上げている方がいらっしゃるにもかかわらず、他の地域にその運動が広まらないのは何故なのか?これを各地の渉外官の資質の問題だけに帰するのは無理があるように感じる。こういった活動を阻害し基地と地元の人々の分断を謀る勢力の存在が原因なのではないだろうか?(2015/07/02 12:06)

地元沖縄と、米軍基地との関係が良好であれば結構な事と思うが、ただコミュニケーションが密にあれば、関係が良好になるかと言えば、問題の根本は基地のもたらす様々な問題に対する反基地意識だろうから、そうした問題が無くならなければ基地問題の根本解決にはつながらないと感じた。交流が増えたり、個人的につながりが持てたとしても、基地にまつわる不安要素がそのままなら、反基地意識は払拭できないし、そこをそのままにして交流をと言っても、虚しく聞こえてしまう。(2015/07/02 12:05)

色々、意味不明な記事でした。

>基地司令官は制服組である必要がないので、背広組が長期間その任に就く可能性もある。

基地司令官が制服組でないことはあり得ないので意味不明でした。
もしかして、制服組の意味を誤解しているのか、司令官の意味を誤解しているのか、と思いました。
(元々、制服組という用語が、防衛省内局の官僚である背広組との対比での自衛官(特に幹部)を指すので、米軍に使うのは最初から不適切という話もあります)
ただ司令部のスタッフの中に、軍人では無い人がいるのはたしかです。

>渉外官

唐突に出てきたのですが、立場が意味不明でした。
米軍に直接雇われているのか、駐留軍等労働者なのか、どの司令部なのか、司令部内での立場は何か意味不明でした。

>訪れる市町村によっては、担当する渉外官の名前すら思い出せないところもあった。

市町村の誰に聞いたの意味不明でした。
さすがに米軍に対する担当者が知らないわけではないだろうし(ただ日本の地方自治体の職員は頻繁に人事異動する傾向にあるので、米軍に対する担当者も適性など考慮されてなく配属している可能性は捨て切れないので、担当者が思い出せない可能性もあると思います)、住民に聞いた場合は聞く母数が増えれば思い出せない人も当然増えるので、聞いた相手が分からないと意味不明です。(2015/07/02 10:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長