• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

在日米軍の配置を日本が主体的に考える

米国自身が懸念する沖縄の安全性

2015年7月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「普天間飛行場移設問題で県外移設を求める」と主張すると、必ず次の反応が返ってくる――「ならば代替案を示せ」。だが、沖縄県が代替案を作ることはできない。基地に関わることを一地方自治体が他の地方自治体に依頼したり、命令したりすることはできない。こればかりは中央政府の仕事である。

 ただ、辺野古案が「唯一」の解決策であるという日本政府の主張を、「唯一」ではなさそうだと説得する材料を作ることは沖縄県でも可能であった。

 そのために、過去にどのような案があり、移転の際に満たさなければならない要件が何であるかについて調査した。その中の一つは、普天間飛行場の機能を嘉手納飛行場に追加する嘉手納統合案である(「沖縄が求めているのはカネではない!」)。ただし、これは地元としては到底呑めない。もしこの案を進めるなら、騒音で悩まされている住民の負担を軽減する措置が必要である。

 もう一つは、米海兵隊が沖縄に展開していることそのものを問う案だ。海兵隊が使用する設備のほとんどを米本国に撤退させ、前方展開用の備蓄を積んだ船を沖縄周辺に置く。ただし、沖縄はこの案を歓迎するだろうが、中国に向けて誤ったメッセージを送ることになりかねない。

海兵隊の要件を満たす施設は沖縄以外に35カ所

 次に、白紙から考えてみることにした。辺野古案は、普天間飛行場を一時(いちどき)に一箇所の別の場所に移転する案である。しかし、「一時」に「一箇所」に移転させることは不可欠だろうか。理論的には次の4つの選択肢が考えられる。

  1. 「一時」に「複数箇所」に分散する
  2. B地点の準備ができるまで「一時的に」A地点に移転する
  3. 「定期的」に「ローテーション配備」する
  4. 「定期的」に「複数箇所」に「ローテーション配備」する

 分散配備、ローテーション配備は実現可能な選択肢である(海兵隊は兵站上の理由で消極的であるが)。海兵隊は陸上部隊、兵站部隊、空挺部隊から成る三位一体の軍で、その最小単位は「海兵遠征部隊(MEU)」という約2200人の部隊だ。在沖海兵隊は約1万8000人だから、約7~8のMEUが理論上できる。これらを分散、ローテーションさせればよい。

 都合の良いことに筆者が沖縄で在職していた2012年8月、海兵隊が、カリフォルニア州の空挺部隊をハワイに移転することを決めた。これは普天間飛行場にいる空挺部隊とほぼ同規模の部隊だった。米海軍省がその環境アセスメント報告書を発表したのである。その中に、いくつか別の移転先を検討し、それらがどのような要件を満たしているかを記述してあった。例えば、滑走路は最低1536メートル、オーバーランは両サイド305メートル、合計2146メートル必要であるほか、基地から演習場までの距離はもっとも遅い航空機(AH-1コブラ)でも30分で行ける距離であることとあった。

 これを基に、日本の空港や航空自衛隊基地が要件を満たすかどうか、そのすべてを検証した。その結果、約35件が要件を満たすことが判明した。この報告書が検討すべきすべての要件を記載しているとは限らないが、それでも半分か3分の1程度は該当しうると推定した。

コメント0

「「沖縄外務省アメリカ局」での勤務を命ず!」のバックナンバー

一覧

「在日米軍の配置を日本が主体的に考える」の著者

吉川 由紀枝

吉川 由紀枝(よしかわ・ゆきえ)

ライシャワーセンター 研究員

慶応義塾大学商学部卒業。アクセンチュアに勤務。2005年コロンビア大学にて修士号取得後、ライシャワーセンターにてアジャンクト・フェロー。2012年-2014年は沖縄県知事公室地域安全政策課主任研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員