• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「月10個だった卵の配給が5個に減りました」

グローバリズムの辺境:キューバ(3)

2015年6月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 旅行で数日滞在するだけでは分からないが、キューバの物不足はレベルが違う。

 「先進国であれば、当然あるはずのモノが手に入らない」。ハバナ在住の日本人駐在員がため息をつくように、電球や乾電池、ガムテープなどどこにでもありそうな日用品がキューバではなかなか手に入らない。窓ガラスなどを割ろう日にはもう大変。同じような窓ガラスが手に入ることはまずないという。

 それは食材も同じだ。鶏卵は配給品であり、スーパーではまず見かけない。魚介類も外国人向けのホテルが優先的に買い上げるためハバナではほとんど市場に出回らない。ましてや牛乳は子供のいる家庭限定の配給品のため、配給の対象外である外国人駐在員が手に入れることは難しい。

 「日本人が魚好きということを知っているんですね。メルカードに行くと、『サカナあるよ』と耳元で囁かれる。この間は3~4kg分のエビを20CUC(≒20ドル)で買いました。完全に漁師との直接交渉。この国で生活するのはとにかく疲れる」

 目の前にいる駐在員の浅黒い顔は日焼けなのか、疲労なのか。恐らく後者も響いているのではないだろうか。

驚くほど商品が少ない国営スーパー

 実際、地元住民が通う国営スーパーに行ってみても、先進国の消費社会にどっぷり浸かっている人間から見れば恐ろしいほどにモノが少ない。

 例えば、地元住民が通うミラマール地区のスーパーを覗いてみたが、ヨーグルトは食べきりの小型サイズが1種類あるだけで、それ以外の選択肢はない。冷凍ケースもスカスカで、冷凍の鶏むね肉とイカリングはあるものの、牛肉や豚肉は見当たらない。同様に、アスパラガスやカリフラワー、ニンジンなどの野菜もあるが、輸入品と思われる冷凍野菜が中心だ(豚肉や野菜は2回目で述べた自由市場で手に入る)。

 ニューヨークのホールフーズに行けば、脂肪分をカットしたモノから果実のフレーバーを加えたモノまでヨーグルトだけで数え切れないくらいの商品が並んでいる。生鮮や精肉にしても、冷凍ももちろんあるが、ブラックアンガスのサーロインからラム肉まで並ぶ対面カウンターは週末の買い物が待ち遠しくなるほどの品揃えだ。そんな生活に慣れていること自体が異常なのだろうが、圧倒的な物量に囲まれた世界から来ると、選択の楽しみがないのはどこか寂しい。

スーパーの棚はご覧の通りスカスカ
こちらはブルックリンのホールフーズ。野菜だけでこの品揃え

コメント0

「○○支局長の「辺境を視に行く」 」のバックナンバー

一覧

「「月10個だった卵の配給が5個に減りました」」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック