• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

三越伊勢丹と味の素はメンタル疾患をこう防いだ

2015年6月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「健康管理は従業員の責任」。そんな前時代的な経営は、もはや通用しない。従業員の健康こそ、企業の競争力を高める経営の最重要課題と位置付け、その増進や維持を図る「健康経営」に取り組む企業が増えている。

 日経ビジネスは6月15日号の特集で、SCSKやロート製薬、コニカミノルタ、伊藤忠商事、味の素、東急電鉄、内田洋行など先進企業の取り組みを掲載した。活力ある働き方を実現する「戦略投資」として、健康経営を推進することは、エクセレントカンパニーの新条件だ。

 健康経営を進める上で、大きなテーマの一つに従業員のメンタルヘルス問題がある。うつ病などのメンタル疾患による休職や退職をどのように防ぐか――。独自のプログラムを作って、運用し始めている企業が出てきた。新入社員向けの研修を導入した三越伊勢丹ホールディングスと再発を防ぐ味の素の事例を紹介する。

 「吉本さんがうつ病を発症した原因としてどのようなことが考えられますか」「あなたが吉本さんであれば、どの場面で、どのような対処をしますか」──。

 昨年10月、三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、首都圏の店舗で働く月給制の契約社員200人弱を対象に入社半年後の研修を開いた。

 「自己成長につながるセルフマネジメント」と題したこの研修で、参加者は百貨店の新入社員に見られがちな境遇のシミュレーションを通して、ストレスに強くなるための考え方や行動を、個人やグループワークで学ぶ。

三越伊勢丹HDの首都圏の店舗に勤務する契約社員向けの研修風景。自分のストレスの度合いを知り、ストレスを感じる時にどう対処すればよいのかを、グループディスカッションなどを通して学ぶ

 研修では、事前に自己のストレスの度合いを調べた「ストレスチェック」の結果もフィードバックする。

 10月といえば、年末商戦に向け繁忙期に突入する時期。それまではフレッシュな気持ちで働いていた新入社員たちも、業務量が増えてきて徐々にストレスを抱えるようになる。ストレスをうまく解消できないままでいると、仕事上の悩みを抱えて休職や退職に至ってしまう恐れがある。

 「入社前の研修で『仕事がつらくなったら誰かに相談しよう』と伝えてはいるが、新入社員は働き始めると日々の業務に追われて、誰にも相談できず抱え込んでしまいがち。研修にはそうした状況を改善する狙いがある」と、三越伊勢丹HD人事部労務担当の名倉三佳マネージャーは話す。

コメント0

「時代は健康経営 これをやらねばブラック企業 」のバックナンバー

一覧

「三越伊勢丹と味の素はメンタル疾患をこう防いだ」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員