• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「壁を建てたのは、英語を話さない人達だった」

国境に移り住んだアーティストはイーゼルの前で抗議する

2017年3月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国最南端の町、ブラウンズビル。メキシコ国境に隣接する町には国境のフェンスが既にある。もっとも、両国を隔てるリオグランデ川から離れたところに建てられたため、実際の国境とフェンスの間に取り残された住民も少なくない。彼の日常生活に支障が出ないよう、道路のところはフェンスが切れている。フェンスの目的が不法移民を阻止することだとすれば、その効果は全くない。

 「米国第一主義」というスローガンの下、トランプ大統領は雇用の国内回帰と治安の強化を推し進めようとしている。その政策を支持する米国人は一定数、存在する。それでは、国境に住む人々はどう感じているのか。 4人目は国境のゲートと目と鼻の先に住むアーティストのマーク・クラーク氏。メキシコの文化に惹かれブラウンズビルに移り住んだ同氏はアートを通じてフェンスに抗議している。

(ニューヨーク支局 篠原 匡、長野 光)

(フェンスの向こう側 Vol.1Vol.2vol.3 から読む)

メキシコとの国境に接するブラウンズビル(米国テキサス州)。国境のフェンスよりメキシコ側に住むアメリカ人が少なからずいる

フェンスの向こう側 Vol.4 マーク・クラーク

Mark Clark(マーク・クラーク)  68歳
アーティスト

マーク・クラーク氏、アーティスト(写真:Miguel Angel Roberts、以下同)
国境のゲートのそばでアートギャラリーを運営しているマーク・クラーク氏

 2008年に、あのばかげたフェンスの一部が完成したときにアートショーを開催しました。タイトルは“Art Against Wall”。フェンスに自作の絵を引っかけたんだよ。メディアで紹介されたし、けっこうな人が見に来ました。それで2回目をやることにしたんだけど、2回目はブラウンズビル市の許可が下りなくて。勝手に絵を飾ったら国境警備隊が武装してきて、「すぐに出て行け」と怒鳴られた。こちらは私の他に老婆ふたりと犬一匹なのにあんなに武装してきて。

 私がブラウンズビルに移住したのは2005年です。それまでは22年間、ワシントンDCのスミソニアン協会で働いていました。なぜブラウンズビルに移住したかというと、メキシコ人やメキシコの文化が好きなんですよ。20年近く年2回ほどのペースでメキシコに遊びに行っていて。ここは国境なのでメキシコにすぐ行くことができるし、町自体もほとんどメキシコと言っていい。文化がとても面白いんですよ。

ギャラリーのバルコニーから国境のフェンスが見える。「(国境を越えたメキシコ側の)マタモロスには週1回は行くかな。向こうでアートを見たり、画材を見たり。向こうの方が人口も多いし、ブラウンズビルよりもいろいろあるよ」

コメント5件コメント/レビュー

年金暮らしの爺さんに話を聞くのもいいですけど、ブラウンズビルの警察署で不法移民による犯罪の実態などもヒアリングしたら、より興味深い記事になったと思います。(2017/03/10 02:59)

「トランプのアメリカ~超大国はどこへ行く」のバックナンバー

一覧

「「壁を建てたのは、英語を話さない人達だった」」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

長野 光

長野 光(ながの・ひかる)

日経ビジネスニューヨーク支局記者

2008年米ラトガース大学卒業、専攻は美術。ニューヨークで芸術家のアシスタント、日系テレビ番組の制作会社などを経て、2014年日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

年金暮らしの爺さんに話を聞くのもいいですけど、ブラウンズビルの警察署で不法移民による犯罪の実態などもヒアリングしたら、より興味深い記事になったと思います。(2017/03/10 02:59)

>メキシコ人はとにかくよく働くよ。しかも、米国人が頼まれてもやらないような仕事をやる。暑くて、汚くて、危険を伴う、そんな仕事だよ。

あとからあとからやってくるメキシコ人たちが米国内で低賃金で3Kの仕事をするから、米国人の3K労働賃金が低下し、ますます米国人が3Kをやらなくなった、という視点をもったことはないのか。アートなんかやってる貴族にはわからんか。(2017/03/07 13:32)

日本は嘗てアジアで唯一の「先進国」だった。周りの国々は全て「発展途上国」。それが今はどうだ?シンガポールが都市国家とはいえ国民一人当たりGDPで日本を抜いたし、国ではない「地域」扱いの香港も日本を抜いた。シンガポールの様に法人税などを格安にしたり、経済的な規制を撤廃する事によって多くの国際企業を呼び込んだ。「英語を話す国民」と言う巡り合わせもあって、アジア有数のビジネスセンターになった。労賃の安い国には、先ずは労働集約型で、かつ単純労働の仕事を先進国の企業が持ち込む。これでその国の生活が多少豊かになると、次はもっと付加価値の高い仕事や頭脳型の仕事が来る様にインフラなどの整備を行う。企業進出により、税金払いの優等生である外資系企業のおかげで国の財政も豊かになるからだ。こう言うことを繰り返して先進国と発展途上国との格差は縮められてゆく。トランプ大統領のやろうとしている事は、先進国であるにも拘らず、海外に移転されてしまった単純労働を国内に引き戻そうと言う時代錯誤の政策だ。同時に国内に安い労働力が流れ込まない様に国境に壁を建設すると言う。壁は前から存在しているが、「隙間」をなくし、更に越え難くするためだ。ラストベルトに代表される貧困白人層が望んでいるのは「労賃の安い工場労働」ではなく、頭脳労働並みに「給料の高い工場労働」なのだが、トランプ大統領はそこまでのコミットはしていない。結局、生活が苦しい人達が苦し紛れに間違った要求を上げ、それを取り込んだ大統領候補がまんまと地位を手にしてしまった。トランプの政策も全てがとんでもないものという訳ではないし、彼の「優秀なスタッフ」がまともな政策を推し進めるであろう事もある程度期待は出来る。出来るが、「時代錯誤」という土壌の上に綺麗な花は咲かせることが出来るのだろうか?(2017/03/06 16:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長