• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“完全栄養食パスタ”で、健康が簡単に手に入る?

主食に革命を起こすベンチャー、ベースフードの挑戦

2018年5月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

外部の、一流の才能を生かせるのがベンチャーの強み

小竹:チャレンジを奨励する会社に所属していながら、あえて外に出て起業したのはなぜでしょう。

橋本:もちろん社内事業として「BASE PASTA」を提案することも、最初は考えました。けれど、DeNAの経営理念や、優先度の高い事業からは外れるだろうなと感じたんです。当時は経営の近いところで仕事をさせていただいたこともあって、会社の方針はよく理解しているつもりでした。その中で、「もし僕が経営陣だったら、今はGOサインを出せないだろうな」と思ったのです。

 商品としても、DeNAというブランドを冠することで価値が最大化するというシナジーもあまりないと判断しました。

小竹:確かにそうですね。

橋本:それに、DeNAには、一度社外で挑戦してから再び戻って、さらに活躍している先輩もいるんです。もしかしたら将来のDeNAのために役立てる挑戦になるかもしれない、という思いがあったのも事実です。

小竹:大きなIT企業で一度働いた経験は、今の事業に生きていますか。

橋本:生きていると思いますね。元はDeNAも小さなベンチャーからスタートしました。そして、現在の規模まで成長したわけです。僕たちだって、今はマンションの一室の規模ですが、いずれ成長したらあんなふうになりたい、と具体的なイメージを持てるかどうかは大きいと思っています。それが、会社員の経験をして良かった点です。

 いろんなタイプの人と仕事をする経験をしていたことも、すごく役立ちました。ベンチャーの場合、常に人手不足の状態なので、外部の協力を得ることが不可欠です。大企業の中でコミュニケーションスキルを学べたことは、大きな財産になっています。

小竹:「BASE PASTA」はどこまで自前で、どこから外部協力で作っているのでしょうか。

橋本:すべての過程において、外部の協力を得ています。

 もちろん、僕が独学で勉強する部分も多いのですが、例えばパスタ麺の栄養計算はプロの栄養士にお願いしますし、栄養価を高めながらいかにおいしく製麺するかというアドバイスは、プロのシェフに教えてもらいました。

 食品加工会社にも話を聞きに行きましたし、パッケージを作る時には包材会社に学びに行きました。僕が情報のハブになって、いろんな方々とコラボレーションしながら、知恵を集めて作っています。

 僕は、ベンチャー企業の“謎の強さ”の正体は、このコラボレーション力だと思っています。規模でいうと超弱小なんだけれど、だからこそ、社外の最強リソースが集められて、すごいものを生み出すことができる。大きい企業だと、ある程度の人材が内部に集まっていますから、「社内の詳しい人に聞こう」で済ませてしまうことが多いでしょう。

小竹:そうですね。よくあります。

橋本:けれど、ベンチャー企業には人がいないから、外に頼るしかない。その結果、「社内で一番詳しい人」ではなく、「日本で一番、あるいは世界で一番詳しい人」の知恵を借りることができるようになる。しかも、相手も身構えません。なんせ、こちらは弱小ですから(笑)。

 「え、本当に一人で麺作ってんの?」って変なヤツだとしか思われません。でも、それが大きな強みになるんだと、事業を手掛けながら気付きました。

 オープンイノベーションを奨励する流れも追い風になっています。世の中を巻き込みながら、良い方向に流れを変えていくのが、ベンチャーの存在意義だと思っているので、僕はこれからもどんどん外と交わっていこうと思っています。

半年間、自宅にこもって麺を開発

小竹:開発で一番苦労したポイントは何でしょう。

橋本:やはり栄養素を入れながら、食感も味もまとめていくという過程ですね。

 見た目も大事で、麺が真っ黒になってしまったら、さすがに手が伸びません。しかも、お湯で茹でる時に、流出する分も考慮して、多めに栄養素を入れておかないといけない。何度もくじけそうになって、ぶつかった壁は10以上あったと思います。それでも、壁に直面する度に、その道のプロに助言をもらいながら、愚直に試行錯誤していきました。

 最初は自宅のマンションで毎日製麺機と格闘しながら、「俺はこの麺を作るために会社を辞めたけれど、もしも完成しなかったらただのアホじゃないか」と自分を追い詰めながら……(笑)。

 麺の完成までには半年かかりました。この半年の開発期間を短いという人もいますが、自宅で朝から晩までやっていたので、僕にとっては相当長期でした。麺作りに集中した半年間、絶望的に長く感じました。

オススメ情報

「おいしい未来はここにある~突撃!食卓イノベーション」のバックナンバー

一覧

「“完全栄養食パスタ”で、健康が簡単に手に入る? 」の著者

小竹 貴子

小竹 貴子(こたけ・たかこ)

クックパッド株式会社広報担当本部長

1972年生まれ。クックパッドの創業から関わり、初代編集長、執行役を務める。2012年退社。2016年再び同社に復帰。個人として執筆、スタートアップの事業支援も行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

一番問題なのは、保護貿易主義が世界に広がりつつあることです。

林田 英治 JFEホールディングス社長