• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ブラジル、”チャイルショック”を全身で被弾

インフレ、通貨安、消費減退など経済低迷に出口なし

2016年2月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界経済の牽引役として期待を一身に集めたBRICs。だが、中国の減速に伴う資源価格の下落によって、猛烈な逆風に晒されている。2月8日号日経ビジネス特集「世界を揺さぶる チャイルショック リーマンより怖い現実」では、影響が世界中に拡散していることをリポートした。その典型がブラジルだ。豊富な天然資源を有するブラジルは中国の急成長によって輸出量と資源価格の両面で多大なる恩恵を受けたが、過去の繁栄も今は昔。高インフレ、レアル安、格下げ、消費減退、マイナス成長など、ありとあらゆる災厄に見舞われている。未完の大国、ブラジルの今を追った。(ニューヨーク支局、篠原匡)

 サンパウロの玄関港として知られるサントス港――。2015年の取扱量は1億1900万トンと南米最大で、パラナ州やマトグロッソ・スル州など内陸州から運ばれる大豆の多くがここに集められる。輸出に占める一次産品の割合が高いブラジルにとって、最重要拠点といっても過言ではない。

 だが、その重要度とは裏腹に、サントス港は最も非効率な港湾に選ばれるのではないかと思うほどにインフラが貧弱だ。

荷下ろしの待ち時間は計70時間!

 2000年代半ば以降、中国向けの輸出が飛躍的に伸びたこともあって、2004年に964億ドルだったブラジルの輸出額はピーク時の2011年には2506億ドルに達した。だが、輸出の増大に港湾機能の拡張が追いつかず、多くの船舶が沖合での滞船を余儀なくされている。

 港湾地区内の動線も非効率だ。幹線道路が石畳のため、荷物を満載したトラックやトレーラーは必要以上に速度を落として走行せざるを得ない。しかも、幹線道路は貨物輸送用の線路と12カ所の踏切で交差しており、貨物列車が通るたびに車列が止まってしまう。

線路を横断するトレーラー。サントスのような巨大な港湾で、幹線道路と線路が交差するという動線は通常あり得ない
待機中の貨物列車
ターミナルでの荷下ろしを待つトラックの車列。先頭の運転手は既に2日以上待っているという

 非効率なのは貨物列車も同様で、荷積みや荷下ろしのたびに貨車を切り離してターミナルに送るため、再び貨車が帰ってくるまでに恐ろしいまでの時間がかかる。先行列車がサントス港から出てくるまで、後続列車はひたすら待機しなければならず、その待ち時間は優に40時間を超える。

 「朝6時から10時間ここにいるけど、いつ(ターミナルに)入れるか分からない」。車列の先頭にいたドライバーに声をかけるとうんざりした表情でこう述べた。ここで並ぶ前に、港湾地区の外で既に2日半待機していたという。サントス港の処理能力が、いかに限界を超えているかが分かるだろう。

コメント3件コメント/レビュー

ピックアップされている情報そのものには価値がある。ただルラの再分配政策による中産階級の増加を経済成長につながったと評価しながら、「ばらまき」と見出しをつけている時点で大いに違和感(ばらまきはあからさまなネガティブ表現)。締めに「ブラジル転落の要因には(ルセフ)左派政権の経済失策も当然ある」と、読者右傾化の時流に乗って左派を攻撃しているあたり、わかりやすく興味を喚起して書いてるつもりだろうが、大した検証もなく「当然」と結果づけている点で客観性を大いに損ねている。ニューヨークの支局長といえば日本のジャーナリストの最高峰かと思っていたが、こんなレベルの品のない文章を書く人がやってるのかと思うと失望した。(2016/02/15 13:28)

「世界を揺さぶる チャイルショック」のバックナンバー

一覧

「ブラジル、”チャイルショック”を全身で被弾」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ピックアップされている情報そのものには価値がある。ただルラの再分配政策による中産階級の増加を経済成長につながったと評価しながら、「ばらまき」と見出しをつけている時点で大いに違和感(ばらまきはあからさまなネガティブ表現)。締めに「ブラジル転落の要因には(ルセフ)左派政権の経済失策も当然ある」と、読者右傾化の時流に乗って左派を攻撃しているあたり、わかりやすく興味を喚起して書いてるつもりだろうが、大した検証もなく「当然」と結果づけている点で客観性を大いに損ねている。ニューヨークの支局長といえば日本のジャーナリストの最高峰かと思っていたが、こんなレベルの品のない文章を書く人がやってるのかと思うと失望した。(2016/02/15 13:28)

要するにインフラが脆弱ということでしょう。
日本は民族性も相まって教育や安全に対するインフラは整ってはいますが、日本も大型コンテナ船が入れる港がない等、実はブラジルを笑えない状況だという認識が必要です。
(公共工事の予算が取れないといる理由が大きいそうですが、日本の成長を妨げたい勢力の妨害もあるように勘繰っています)
実はブラジルは、アメリカ・日本に次ぐ内需国(日本は完全な内需国です!)であり、雇用・労働面に強い規制があることでそれを維持してきました。(NBOは問題としているが、本来であればこれは強みなのです)
問題は、人種のるつぼと呼ばれるような多様性や汚職と相まって、社会インフラの整備が困難な状況だということに尽きるでしょう。
問題を解決するには、国民が正しい方向にみんなで向かうことなのでしょうが、これが一番の課題だと思われます。
日本も写し絵のように類似の問題(人口減少でデフレ・国の借金など間違った認識が広まっている為に財政支出できないなど)を抱えています。
日本とブラジル・・・お互い他山の石とすべきなのかもしれません。(2016/02/12 12:41)

ブラジルのお役所や税務関税の作業のひどさはBRICsと呼ばれる前からで、BRICsともてはやされよけいびどくなった。古くからブラジルと商売している企業はご存知だろう。(2016/02/12 10:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長