幸せ100歳達成法

お金のプロが激論!幸せ老後のためすべきこと

「毎月10万円稼ぐ」が老後を豊かにする

 老後はいくらお金があれば足りるのか?多くの人がこのような不安を抱えながら定年を迎える。しかし、少しの支出の見直しとほんの少しの労働で、その不安は解消できるという。お金のプロたちが、老後の幸せのコツについて語り合った。

そもそも老後にかかるお金って、いくらくらいなのでしょうか。今までの生活を維持できるかどうか、心配する人は多いと聞きます。

大江英樹氏(以下、大江):いくらかかるか考える前に、みなさん大事な視点を忘れてしまっています。多くの人が「出ていくお金」ばかり気にしていますが、「入ってくるお金」がどれくらいなのかという視点を忘れています。お金の出入りをトータルで考えないと、老後の生活設計はできません。

大江英樹(おおえ・ひでき)氏
経済コラムニスト。大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。日経電子版でコラム『定年楽園への扉』を連載。(撮影:陶山 勉 以下同)

井戸美枝(以下、井戸):そうそう。現在どれぐらいお金がかかっているのか、今後、収入がどうなるのか、収支がまずわからないと、いくら必要でいくらあれば安泰なのかがやっぱり答えられないんですね。

 それに、今までとは考え方を変えなければいけません。これまでは単純に、例えば年金が月10万とか12万円もらえるとすると、あと10万円ぐらいあると20万~22万円になるから、だいたいの生活ができて、その毎月の不足分10万円を10年間くらい用意すればよかった。

井戸美枝(いど・みえ)氏
社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー。社会保障、年金制度に詳しく、現在、厚生労働省社会保障審議会企業年金部会委員を務める。日本経済新聞、日経WOMAN、日経CNBCなどでライフプランや資産運用についてアドバイスを行う。著書多数。近著に「身近な人が元気なうちに話しておきたいお金のこと介護のこと」

 それが人間の寿命が延びて、今後は100歳近くまで生きると言われています。人生100年時代を考えると10年分でいいのかなというのもあるし、そもそもどれくらい生きるかもわからない。だから「働いて老後をなくす」という発想が、ますます重要になってくると思います。

大江:定年後は年金という「何もしなくても入ってくる収入」と、働くことを組み合わせることで、ある程度の生活はできると思います。世の中、あまりにも出ていくお金のことばかり言い過ぎるんですね。1億円かかる、だから、3000万円ないとだめだとか。今、3000万円ないとだめだとか4000万円ないとだめだと言っていたらきりがないですよ。定年退職時、150万円しかなかった私なんかどうなるんですかという話ですよね。

著者プロフィール

武田 安恵

武田 安恵

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

48%

まあ参考になった
 

30%

参考にならなかった
 

20%

ぜひ読むべき
 

48%

読んだほうがよい
 

25%

どちらでもよい
 

25%

いただいたコメントコメント7件

「固定費下げろ」以外にメッセージがないですね

ためになった方が半分ほどいるようなので、そういった方たち向けのご商売をされてる方でしょうか

今まではデフレで「cash is king」で良かったですが、これからインフレになった場合の対応を真剣に検討されてるのか疑問が沸きました(2018/02/13 18:12)

「60歳で定年退職。その後は悠々自適な年金生活」

そんなのは一般人には有り得ない幻想だから、諦めて働き続けろ。

という結論に対して異論は無いですが、以下は少し引っかかりました。


>最後はスープだけみたいな。

ラーメン完食した人が払った金額よりも高い額を払って、スープだけしか出てこないとしたら、やっぱり暴動は起きるんじゃないでしょうか?
暴動が起きるタイミングを先送りにしているだけなのを、ごまかしているようにしか見えない。


>要するに、途中でいろいろ制度が変わっていくことはもちろんあり得るわけですけれども、急には変わらないんですね。

「確定給付型年金」と「確定拠出型年金」は、もはや別物だと思う。
この制度移行については急な変化であり、対象者は将来設計を大幅に見直さなければいけないレベルだと思う。(2018/02/13 16:36)

> 確かに晩婚化、晩産化というのが進んでいることは間違いないんですけれども、60歳になって、慌てて「あ、子供がまだ高校生だった」というのはどう考えたっておかしい

社会現象として起きている問題を自己責任論で見ないフリする態度も、おかしいと思います。

当事者たちは、あらかじめわかりきったことでも、考えちゃいませんよ。
だってそれは、『考えたくなくて、あえて考えなかったこと』だから。
まず、彼らがどうして結婚したかを考えるべきです。
周囲の人間が、『結婚できない人間に生きている価値はない』などとプレッシャーをかけたからに他ならず、目の前の苦痛から逃れるための対処療法です。

麻薬に手を出す人間は、麻薬の害を知らないでしょうか?
おぼれてわらをつかむ人間は、わらをつかめば助かると思ってつかむのでしょうか?

違いますよね。
ただ、目の前の現実がつらすぎて、目先の苦痛から逃れるために、手を出すわけです。
後のことは、考えたくないから考えないし、そんなヒマもない。
考えたって、八方塞で真っ暗な現実が横たわっているだけなのだから。
だから、今、苦痛から逃れたい。それだけ。

晩婚化も同じことです。
後のことなんて考える時間もないほど、問題は目の前に山積みで、ついラクな道を選んでしまった親世代の子世代孫世代が路頭に迷う。
親本人ではなく、子供が。
当然ですよね、すべては上の世代が「子供につける」という道を選んだ結果なのだから。

日本の国債残高はGDP比200%超えの先進国最悪水準。
先進国の中で、もっとも子不孝なのが日本という国であり、その日本でひとりっこ政策をしているわけでもないのに子供が減っていることは、必然だと思います。

どれだけ詭弁を並べても、子供たちは知っている。
日本の制度下では、下の世代ほど貧しくなると。
子供が可哀相だから子供をつくらない人、自分がすでに可哀相だから子供をつくらない人、増える一方です。(2018/02/13 14:21)

コメント(7件)を読む/書く

閉じる