• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お金のプロが激論!幸せ老後のためすべきこと

「毎月10万円稼ぐ」が老後を豊かにする

2018年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 老後はいくらお金があれば足りるのか?多くの人がこのような不安を抱えながら定年を迎える。しかし、少しの支出の見直しとほんの少しの労働で、その不安は解消できるという。お金のプロたちが、老後の幸せのコツについて語り合った。

そもそも老後にかかるお金って、いくらくらいなのでしょうか。今までの生活を維持できるかどうか、心配する人は多いと聞きます。

大江英樹氏(以下、大江):いくらかかるか考える前に、みなさん大事な視点を忘れてしまっています。多くの人が「出ていくお金」ばかり気にしていますが、「入ってくるお金」がどれくらいなのかという視点を忘れています。お金の出入りをトータルで考えないと、老後の生活設計はできません。

大江英樹(おおえ・ひでき)氏
経済コラムニスト。大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。日経電子版でコラム『定年楽園への扉』を連載。(撮影:陶山 勉 以下同)

井戸美枝(以下、井戸):そうそう。現在どれぐらいお金がかかっているのか、今後、収入がどうなるのか、収支がまずわからないと、いくら必要でいくらあれば安泰なのかがやっぱり答えられないんですね。

 それに、今までとは考え方を変えなければいけません。これまでは単純に、例えば年金が月10万とか12万円もらえるとすると、あと10万円ぐらいあると20万~22万円になるから、だいたいの生活ができて、その毎月の不足分10万円を10年間くらい用意すればよかった。

井戸美枝(いど・みえ)氏
社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナー。社会保障、年金制度に詳しく、現在、厚生労働省社会保障審議会企業年金部会委員を務める。日本経済新聞、日経WOMAN、日経CNBCなどでライフプランや資産運用についてアドバイスを行う。著書多数。近著に「身近な人が元気なうちに話しておきたいお金のこと介護のこと」

 それが人間の寿命が延びて、今後は100歳近くまで生きると言われています。人生100年時代を考えると10年分でいいのかなというのもあるし、そもそもどれくらい生きるかもわからない。だから「働いて老後をなくす」という発想が、ますます重要になってくると思います。

大江:定年後は年金という「何もしなくても入ってくる収入」と、働くことを組み合わせることで、ある程度の生活はできると思います。世の中、あまりにも出ていくお金のことばかり言い過ぎるんですね。1億円かかる、だから、3000万円ないとだめだとか。今、3000万円ないとだめだとか4000万円ないとだめだと言っていたらきりがないですよ。定年退職時、150万円しかなかった私なんかどうなるんですかという話ですよね。

コメント14件コメント/レビュー

実情が全くわかっていないように思われる。
退職金制度も理解していない。退職金が150万うんうん企業年金をしらなっかた。
そういう人がアドバイスしていいものだろうか?(2018/02/22 13:42)

「幸せ100歳達成法」の目次

オススメ情報

「お金のプロが激論!幸せ老後のためすべきこと」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

実情が全くわかっていないように思われる。
退職金制度も理解していない。退職金が150万うんうん企業年金をしらなっかた。
そういう人がアドバイスしていいものだろうか?(2018/02/22 13:42)

「定年退職時、150万円しかなかった私なんかどうなるんですかという話ですよね。
でも私は企業年金があるのでほとんど預金はなくてもそれほど心配はない。」
「運用なんて一切考えないほうがいいです。今の定期預金の金利水準で考えると120億円ないと120万円もらえないんですよ。」

・・・なんか、もう読まなくていいと思った。(2018/02/20 18:07)

私たちはお金が無くては生きられない現代社会に生きていることは確か。しかし、生きる=お金 とはいかにも悲しい。人は何のために働くのか?お金を稼ぐため?より多く稼いで、より物質的に豊かな生活をするため?・・・と単なる欲望を満たすために働くのか。

では、何のために生まれてきたのか?何をするために?そして生涯時間の中で、どれだけ働くことに時間を掛けてきたかを考えてみると、人生=働くこと と言っても決して過言ではない。
生きること=働くこと=世の中の役にたつこと。そのために自分は生まれてきた。そう思いたい。

その役立ち度に見合ったお金が後を追ってくる。60歳を過ぎて、収入が5万円/月の収入でしかなかったとしても、何も役立たずよりはマシ。もちろん、健康的に役に立てないときだってある。自己収入ゼロになったときこそ、素直にお国の制度の世話になれば良い。

そのように思って既に8年を経過。「働くこと=生きること」です。一生、働き通してやろうと思っています。(2018/02/20 13:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士