• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「真正面」から外国人労働者を受け入れよう

技能実習の拡大による「なし崩し」は最悪

2018年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「資格外活動」労働者は3年で2倍に

 昨年末の12月25日、朝日新聞がコンビニ大手ローソンの竹増貞信社長のインタビューを掲載した。コンビニの業界団体である日本フランチャイズチェーン協会が、外国人技能実習生の対象に「コンビニ店員」を加えるよう要望しようとしていることに関して、「必要だ。やるなら早い方がいい」と語っている。

 一方で、理由は「人手不足対策ではない」と強調したというのだ。「レジ係に限らず、コンビニには商品の発注や店舗の清掃など小売業のノウハウが満載だ」「コンビニ業務を身につけて自国に帰れば、その国の小売業で活躍できる」と語ったのだ。

 これにはネット上などで猛烈な批判の声が上がった。ローソンの場合、店舗のスタッフの5%程度が外国からの留学生で、語学学校が集まる東京の都心部では3割が外国人留学生だという。多くの読者はコンビニの外国人店員と日ごろ接している。彼らがいなくなったら営業が回らないであろうことは容易に想像できるだろう。「人手不足対策ではない」という竹増社長の発言が「建て前」であることはミエミエなのである。

 そもそも、急増している外国人「留学生」も、本当の狙いは日本で働く事にあるケースが多い。留学生ビザでは一切働くことができない米国などと違い、日本にやって来た留学生は週に28時間までアルバイトをすることが認められている。さらに夏休みなど長期休暇の間は1日8時間まで働くことができる。

 留学生ビザは、日本語学校などへの授業料が全額支払われていれば、簡単に取得できる。最近急増しているネパールやベトナムからの留学生の多くが、借金をして授業料を払って日本にやってくる。間には業者が介在し、日本で働いた賃金から借金を返済することになる。要は体の良い「出稼ぎ」の仕組みとして利用されている。「留学生」という枠組み自体が「建て前」なのである。

 留学生は働く資格がないということで「資格外活動」として厚生労働省の外国人労働者数の統計に登場する。2013年に12万1770人だった資格外活動の労働者は2016年には23万9577人と、わずか3年で2倍になった。2017年10月時点の統計は今年1月末に公表される予定だが、さらに大きく増えていることは間違いないだろう。

 コンビニ業界が「技能実習制度」の枠組みにコンビニ店員を加えるよう求めているのは、そうした留学生の資格外労働に厳しい目が向けられつつあることと無縁ではない。技能実習ならば、国が認めた制度であり、外国人を働かせることが可能になる。

 しかし、「人手不足対策ではない」と言い張らなければならない社長にも同情すべき点はある。技能実習という制度それ自体が「建て前」の制度だからだ。日本で技能を実習して帰り、それを自国で役立たせる、あくまで国際貢献の仕組みだというのが制度の目的になっている。たとえ、自国には造船業が存在しない国からやってくる労働者でも造船業界で「技能実習生」として働けるし、コンビニがない国からやって来た若者にもノウハウを教えることができる。

コメント8件コメント/レビュー

3度の連続投稿、お許し頂きたいが、最後にこのHPの仕様について申し上げたい。

記事の内容に関わらず、「この記事をお薦めしますか?」の所に何故「お薦めしない」がないのか理解に苦しむ。

ハッキリ言ってこの記事は時間の無駄でしたが、他にもそう言った記事が多いので。(2018/01/27 12:40)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「「真正面」から外国人労働者を受け入れよう」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

3度の連続投稿、お許し頂きたいが、最後にこのHPの仕様について申し上げたい。

記事の内容に関わらず、「この記事をお薦めしますか?」の所に何故「お薦めしない」がないのか理解に苦しむ。

ハッキリ言ってこの記事は時間の無駄でしたが、他にもそう言った記事が多いので。(2018/01/27 12:40)

先のコメントをした者だが、あえて経済の面から言わせて頂く。

現在、ドライバー運送業界の人手不足が強烈なのは周知だと思う。
そして業界が人手不足を理由に時給を2000円に引き上げたのもご存知だろう。

翻って(高度技術とやらの)コンビニや飲食も人手不足であるが、時給は1000円程度。
何故か?

ドライバーは「運転免許」が必要だからだ。
そして「激増している外国人」と言うが内訳は技能実習や留学生であり、当然彼らは免許を持っていないからドライバーになれない(無論保持している外国人もいるが彼らは別に仕事を持っている)。

つまり運送業界は日本人を雇う為に時給、賃金を上げざるを得ないのだ。
しかしコンビニ飲食業界などは簡単に外国人を雇うので時給を上げる必要が無い。
この事からも如何に外国人労働者が日本人労働者の賃金を奪っているかがわかるだろう。

私は日本人であり、日本の労働者の生活向上を願うのであり、間違っても外国人の為でもなく、
日本人の自由と治安と賃金を守る為にも愚劣で近視眼な移民推奨に激烈に反対する。(2018/01/27 12:33)

相変わらずこの手の意見はレベルが低くて浅くてうんざりする。

「①移民受け入れ」と「②自由」と「③治安」の3つは絶対に共存出来ず、2つまでなのだ。

シンガポールは①と③を取った。その代わりに超厳格な法律を持って②を規制している。
欧州は①と②を取った。そしてご存知の通り欧州の治安はテロや難民移民の犯罪が激増し、武装警官の厳戒態勢や徴兵制を用い②を制限し出し、③を取り戻すべく治安回復に乗り出した。

日本は辛うじて②と③を保っているが、愚かな安倍政権が①を強行し、③が崩れつつある。

熊谷のペルー人の凶行のような事件や連日の中国人の犯罪により平和な日本が崩れつつある。
そしてやがてホームグロウンテロのような事も起きてしまうかもしれない。

正に移民推進は自由と平和の敵である。
そこまで筆者はお考えか?国家は経済が不可欠だが経済だけではないのだ。(2018/01/27 12:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO