• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

働き方の未来 「真正面」から外国人労働者を受け入れよう

レビュー

とても参考になった
 

33%

まあ参考になった
 

15%

参考にならなかった
 

51%

ぜひ読むべき
 

33%

読んだほうがよい
 

12%

どちらでもよい
 

53%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

私は俗言うネトウヨと呼ばれるような人間ですが、『「真正面」から外国人労働者を受け入れよう』という趣旨には賛成いたします。
低賃金労働者として外国人を受け入れることは、最終的に日本の評判を落とすことにもつながりますし、日本人労働者の賃金抑制の要因になります。また、人手不足から生まれる工夫や技術の発展を妨げる可能性も高いと思います。
但し、「外国人なしに日本の経済も社会も回らない」というのは磯山さんの論にすぎません。
私は、外国人が居なくても回る社会を構築していく方が大事であると思います。
理由は、外国人は「逃げる」ことができるからです。東日本大震災後に外国人が逃げ出した状況を思い浮かべれば、容易に想像がつくでしょう。
そのような社会では、災害も多い日本という国の安定した運営は困難です。
勿論、外国人が日本という国に忠誠を誓うようなアメリカ的な国家に作り替えるという手段もありますが、個人的に日本の文化や伝統から考えると好ましくないと考えます。
こちらも困難でしょうが、外国人労働者を受け入れるのであればシンガポール的な対応が必要だと思われます。要するに、外国人労働者を受入れたうえで、税制面や社会保障面で制限をかけて、かつ雇用者(経営者)にも責任を負わせるような仕組みが必要だと思います。
その上で、外国人労働者も安定して生活できる基盤を作ることが可能であれば、一部は磯山さんの論に賛成したいと思います。
いずれにしても「安価な労働力」として外国人を受け入れている現状も、外国人に生活保護や税制面の優遇(国外居住親族に係る扶養控除等の特例)も歪な形ですので、正すべきであるという点においては同意します。(2018/01/12 11:25)

まったく御指摘の通り、外国人技能実習制度を
なし崩し的に拡大適用するのは絶対に避けるべきで
むしろこんな制度は一刻も早く廃止すべきです
その上で外国人労働者はどうるのか、ですが
シンガポールや中東湾岸諸国を見習った形にすれば
日本人にも受け入れやすいと思います(2018/01/12 10:17)

人手不足でコンビニがやっていけないのなら閉めればいいんですよ
企業の都合だけで「受け入れざるを得ない」って思うのがおかしい
それこそ自分の都合でばかり言ってる

確かに移民を受け入れないと日本は衰退するかもしれんが
外国人が増えて日本が外国みたいになるのは衰退より嫌だ
って思う人が多いからこうなってるんでしょう

生活に必要な日本語の教育しようが生活習慣の講習やろうが
彼ら独自のムラ化や日本人との摩擦は避けられないっすよ
講習受けただけで日本語ぺらぺらになるわけないじゃない(2018/01/12 05:23)

移民と難民を区別していないのは、移民受け入れへの反発を「苦境にある難民を見捨てようとする差別意識」ということにして、なし崩し的に移民受け入れを実現しようとしている一部マスメディアでしょう。
真正面から議論がしたければ、例えば「生活に必要な日本語や日本の社会制度の教育」の義務付けすら差別と言い出すであろう彼らに、同業者としてどう引導を渡すかでも考えたらいかがですか?(2018/01/12 01:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長