• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

働き方の未来 「真正面」から外国人労働者を受け入れよう

レビュー

とても参考になった
 

32%

まあ参考になった
 

16%

参考にならなかった
 

51%

ぜひ読むべき
 

32%

読んだほうがよい
 

11%

どちらでもよい
 

55%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

3度の連続投稿、お許し頂きたいが、最後にこのHPの仕様について申し上げたい。

記事の内容に関わらず、「この記事をお薦めしますか?」の所に何故「お薦めしない」がないのか理解に苦しむ。

ハッキリ言ってこの記事は時間の無駄でしたが、他にもそう言った記事が多いので。(2018/01/27 12:40)

先のコメントをした者だが、あえて経済の面から言わせて頂く。

現在、ドライバー運送業界の人手不足が強烈なのは周知だと思う。
そして業界が人手不足を理由に時給を2000円に引き上げたのもご存知だろう。

翻って(高度技術とやらの)コンビニや飲食も人手不足であるが、時給は1000円程度。
何故か?

ドライバーは「運転免許」が必要だからだ。
そして「激増している外国人」と言うが内訳は技能実習や留学生であり、当然彼らは免許を持っていないからドライバーになれない(無論保持している外国人もいるが彼らは別に仕事を持っている)。

つまり運送業界は日本人を雇う為に時給、賃金を上げざるを得ないのだ。
しかしコンビニ飲食業界などは簡単に外国人を雇うので時給を上げる必要が無い。
この事からも如何に外国人労働者が日本人労働者の賃金を奪っているかがわかるだろう。

私は日本人であり、日本の労働者の生活向上を願うのであり、間違っても外国人の為でもなく、
日本人の自由と治安と賃金を守る為にも愚劣で近視眼な移民推奨に激烈に反対する。(2018/01/27 12:33)

相変わらずこの手の意見はレベルが低くて浅くてうんざりする。

「①移民受け入れ」と「②自由」と「③治安」の3つは絶対に共存出来ず、2つまでなのだ。

シンガポールは①と③を取った。その代わりに超厳格な法律を持って②を規制している。
欧州は①と②を取った。そしてご存知の通り欧州の治安はテロや難民移民の犯罪が激増し、武装警官の厳戒態勢や徴兵制を用い②を制限し出し、③を取り戻すべく治安回復に乗り出した。

日本は辛うじて②と③を保っているが、愚かな安倍政権が①を強行し、③が崩れつつある。

熊谷のペルー人の凶行のような事件や連日の中国人の犯罪により平和な日本が崩れつつある。
そしてやがてホームグロウンテロのような事も起きてしまうかもしれない。

正に移民推進は自由と平和の敵である。
そこまで筆者はお考えか?国家は経済が不可欠だが経済だけではないのだ。(2018/01/27 12:21)

私は俗言うネトウヨと呼ばれるような人間ですが、『「真正面」から外国人労働者を受け入れよう』という趣旨には賛成いたします。
低賃金労働者として外国人を受け入れることは、最終的に日本の評判を落とすことにもつながりますし、日本人労働者の賃金抑制の要因になります。また、人手不足から生まれる工夫や技術の発展を妨げる可能性も高いと思います。
但し、「外国人なしに日本の経済も社会も回らない」というのは磯山さんの論にすぎません。
私は、外国人が居なくても回る社会を構築していく方が大事であると思います。
理由は、外国人は「逃げる」ことができるからです。東日本大震災後に外国人が逃げ出した状況を思い浮かべれば、容易に想像がつくでしょう。
そのような社会では、災害も多い日本という国の安定した運営は困難です。
勿論、外国人が日本という国に忠誠を誓うようなアメリカ的な国家に作り替えるという手段もありますが、個人的に日本の文化や伝統から考えると好ましくないと考えます。
こちらも困難でしょうが、外国人労働者を受け入れるのであればシンガポール的な対応が必要だと思われます。要するに、外国人労働者を受入れたうえで、税制面や社会保障面で制限をかけて、かつ雇用者(経営者)にも責任を負わせるような仕組みが必要だと思います。
その上で、外国人労働者も安定して生活できる基盤を作ることが可能であれば、一部は磯山さんの論に賛成したいと思います。
いずれにしても「安価な労働力」として外国人を受け入れている現状も、外国人に生活保護や税制面の優遇(国外居住親族に係る扶養控除等の特例)も歪な形ですので、正すべきであるという点においては同意します。(2018/01/12 11:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

そもそも後藤という人間を理解してもらわなくてはならない。

後藤 高志 西武ホールディングス社長