• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

外国人に日本語教育を、ダブル・リミテッド防げ

外国人材の受け入れは進むのか

2017年2月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本国際交流センター主催の「人口動態の変化とグローバルな人の移動」と題したシンポジウム。2月22日に行われた。右から2人目がミュッツェニヒ議員、左へ河野太郎議員、中川正春議員。

 政府の「働き方改革実現会議」が2月22日に会合を開いた。昨年9月の初会合から8回目で、これまでの会合で取り上げなかった具体的な項目について議論した。

 実現会議の初会合で安倍晋三首相は、以下の9項目を検討すると表明していた。 

 1)同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善。

 2)賃金引き上げと労働生産性の向上。

 3)時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正。

 4)雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の問題。

 5)テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方。

 6)働き方に中立的な社会保障制度・税制など女性・若者が活躍しやすい環境整備。

 7)高齢者の就業促進。

 8)病気の治療、そして子育て・介護と仕事の両立。

 9)外国人材の受入れの問題。

外国人材の「受け入れ」には慎重な記述

 この中で最後まで手付かずだったのが9番目の「外国人材の受け入れ」だった。ほかの項目が現状の働き方をどう変えて行くか、という日本人の働き方に直結する問題だった中で、外国人材の「受け入れ」という今後のテーマが設定されていたことで、議員の間にも戸惑いがあったのだろう。委員が提出した資料には以下のような慎重論が並んだ。

 「現在の技能実習制度に問題があることは十分承知しているが、さりとて直ちにこれがベストという具体案を持ち合わせていない。本件は、一時的な労働力不足への対応といった視点だけで即断するのではなく国民の理解と判断が求められる」(労働政策審議会会長を務める樋口美雄・慶應義塾大学教授)

 「外国人材の安易な在留資格や就労資格の緩和などなし崩し的な受け入れ拡大は問題であり、社会インフラの整備とそのコスト負担も含めた総合的・国民的な議論が必要である」(連合の神津里季生会長)

コメント6件コメント/レビュー

人手不足の中でなし崩しの外国人受け入れが進む現状への警鐘です。しっかりした制度の構築が必要です。(2017/02/26 08:29)

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「外国人に日本語教育を、ダブル・リミテッド防げ」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人手不足の中でなし崩しの外国人受け入れが進む現状への警鐘です。しっかりした制度の構築が必要です。(2017/02/26 08:29)

ダブル・リミテッドという言葉はありません。言語学者であれ一般人であれ、double limited と英語話者に言っても通じません。いかにも普通に使用されているような表現は誤解を招きます。

内容から判断するに、semilingualまたはlimited bilingual を指していると思われます。無意味なカタカナ造語を持ち出すよりもセミリンガルの方がわかりやすいでしょう。英語を使いたくないなら、「母国語外国語共に習得が中途半端」「どの言語にも習熟できない」と長くなっても日本語で説明した方がマシです。

ダブル・リミテッド? 無意味で不可解なカタカナ英語をこれ以上増やさないでいただきたいと思います。(2017/02/24 21:40)

「高度人材は積極的に受け入れる」ってところで思わず忍び笑い。香港在住ですが、妻は地元香港の人間で、37歳の銀行勤務、年俸は1400万円です。小生はとある専門職ですが恥ずかしながら妻よりだいぶ落ちて年俸800万円(でも9時から5時までの楽な勤務です)。当地は地方税は存在しないし所得税は実効税率12%程度。昨今の日本で、地銀はもちろんメガバンクだって50歳男性で税引き後年収いくらですか?シンガポールも香港と似たようなものです。また、昨日の日経新聞に、「中国の年収なぜ高い」って記事があったでしょ。日本のホワイトカラーの給料はいまやアジアでも二流、三流どころです。90年代までと違うんです。「高度人材」呼ぼうたってそう簡単に日本になんか来やしませんよ。ただ、香港シンガポールの話ですが、技能職(大工さんから老人介護、バス運転手など)は日本とほぼ同じぐらいと見受けます、技能職なら日本の給料でも競争力があるかもしれない。(2017/02/24 15:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授