• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「繁忙期残業100時間」は朗報か? 悲報か?

働き方改革実現会議が「実行計画」を策定へ

2017年3月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

残業時間の上限規制がかかれば、これまで事実上「青天井」となっていた残業時間に歯止めがかかることになる。しかし「繁忙期の上限、1カ月100時間未満」は妥当なのか?

かえって残業を助長しかねないとの危惧も

 「残業100時間を法律で許すなんて暴挙だ」「一律的な規制は限界。自律的に働きたい労働者も考慮すべきだ」──。

 政府がとりまとめた繁忙期の残業時間の上限を1カ月100時間未満とする案について、左右両派から非難の声が上がっている。規制強化を求める労働者側からすれば、法律に「100時間未満」と明記されれば、そこまで働かせることが「合法」だという意識が広がり、かえって残業を助長しかねないと危惧する。一方で、ソフトウェア開発やクリエイティブ系の仕事に就いている人たちは、納期前に集中的に仕事をするなど自分のペースに合わせるのが当たり前で、一律に時間で規制されては仕事がやりにくいという声もある。果たしてこの「上限100時間未満」は、働き手にとって朗報なのか、悲報なのか。

 政府は昨年9月から続けてきた「働き方改革実現会議」(議長・安倍晋三首相)で、3月末までに「働き方改革実行計画」を策定する。長時間労働の是正は、その中の最大の柱のひとつだ。

 3月17日に首相官邸で行われた9回目の会議では、「時間外労働の上限規制等に関する政労使提案」という文書が出された。会議のメンバーでも連合の神津里季生会長と、経団連の榊原定征会長が合意し、安倍首相が了承したものだ。

 そこにはこう書かれている。

<原則>

■ 週40時間を超えて労働可能となる時間外労働時間の限度を、原則として、月45時間、かつ、年360時間とし、違反には次に掲げる特例を除いて罰則を課す。

<特例>

■ 特例として、臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を結ぶ場合においても、上回ることができない時間外労働時間を年720時間(=月平均60時間)とする。

■ かつ、年720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合について、最低限、上回ることのできない上限を設ける。

■ この上限については、

 ①2か月、3か月、4か月、5か月、6か月の平均で、いずれにおいても、休日労働を含んで80時間以内を満たさなければならないとする。

 ②単月では、休日労働を含んで100時間未満を満たさなければならないとする。

 ③加えて、時間外労働の限度の原則は、月45時間、かつ、年360時間であることに鑑み、これを上回る特例の適用は、年半分を上回らないよう、年6回を上限とする。

コメント4件コメント/レビュー

要するに、繁忙期だけ過労死を許すという、政府から確約が得られたということですか。。(2017/03/25 16:38)

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「「繁忙期残業100時間」は朗報か? 悲報か?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

要するに、繁忙期だけ過労死を許すという、政府から確約が得られたということですか。。(2017/03/25 16:38)

上限100時間だけで煽った記事で無意味。
他にも付帯条件は色々ついてるし、労基署の機能強化もある。
労働条件の悪化に直接的に結びつけるのは無理がある。

この件については経営者視点で解説した記事を出して欲しいものだ。
たぶんこっちの方が泣きが入ると思うぞ。(2017/03/24 11:36)

この問題について最近騒がしいので考えました。定性的ですが、人件費が増える以上に(売り上げでなく)収益が増えればいいのでしょう。飲食店で言うと、店員が少なくて片付けが間に合わないとか、サービスが遅れて在席時間が延び回転率が落ちるより、人手を増やし売り上げを増やす方が収益が高まる分岐点がありそうです。話題の宅配業でもトラック1台のドライバーを二人にしたら単にコスト増かと言うと、2人が交代で積み荷の荷卸し準備をして入れ替わりで届ける、在宅確認連絡や伝票処理をする、密集地では車を交代で少しずつ先の場所まで移動するなど、配達の効率アップ手段が考えられるので、配送コストの人件費の割合以上に配送数が増えればペイできるのではと考えられまいか。宅配ドライバーが忙しいとは言え、新聞配達のように、次から次へ配達している訳でも無さそうなので、2人にして配達件数を増やす余地が有る様に思えます。人を増やす以上に儲かるやり方を見つければいいのではと思った次第です。(2017/03/24 10:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長