• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「定年廃止」が主流になる日

就業者数「過去最多」に迫る。生涯現役が当たり前に

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高齢者になるほど「専門性」が求められそうだ

8割の企業が継続雇用制度を導入

 「定年」を延長したり、廃止したりする企業が増えている。厚生労働省の「高年齢者の雇用状況」調査によると、従業員31人以上の会社(15万6113社)のうち、定年を65歳以上に設定している企業が2017年6月時点で17.0%、定年制度を廃止した企業が2.6%と、合計で19.6%に達している。2007年には65歳以上の定年が8.6%、定年廃止は1.9%の合計10.5%だったから、ここ10年ほどで約2倍になった。

 背景には「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」によって65歳までの雇用確保が義務付けられたことが大きい。企業は(1)定年の引き上げ、(2)継続雇用制度の導入、(3)定年制度の廃止――のいずれかによって、希望する社員を65歳まで雇用しなければならない。

 定年を60歳としている企業の場合、(2)の継続雇用制度を導入している例がまだまだ多い。継続雇用制度は定年後の社員を「再雇用」することで65歳まで働けるようにする仕組み。役職を外れ、給与も大幅に引き下げられるのが一般的だ。厚労省の調べでは8割の企業が継続雇用制度を導入している。

 ここへ来て、定年の引き上げや定年制の廃止に動く企業が増えている背景には、猛烈な人手不足がある。有効求人倍率はバブル期を超え、高度経済成長期の水準に達している。少子化によって働く人の総数が減ったことが人手不足の原因と思われがちだが、実際は違う。

 企業に雇われる「雇用者」の数は今年3月で5872万人に達し、63カ月連続で増加している。バブル期は4800万人程度だったから、当時よりもはるかに雇用者の絶対数は多いのだ。

 自営業者が減り、雇用者が増えたのだろう、と言われるかもしれない。確かに自営業者を含めた「就業者数」は1997年6月の6679万人が最多で、それを上回っていない。ところが、今年3月時点で6620万人にまで増加、21年ぶりに過去最多の更新が目前に迫っている。人口は減っているものの、働いている人の数は増えているのだ。

 背景には2013年以降、安倍晋三内閣が進めてきた政策がある。安倍首相は「女性活躍促進」を掲げて女性の労働市場参加を推進した。雇用者数は第2次安倍内閣発足時の2012年12月の5501万人から直近まで約370万人増加しているが、そのうち279万人が女性である。

コメント8件コメント/レビュー

定年廃止するから退職金も廃止ね
で、時代についていけず自分から退職金なしで辞めてくれる
ってのが、定年廃止導入企業の狙いじゃないんでしょうかね(2018/05/18 14:08)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「「定年廃止」が主流になる日」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

定年廃止するから退職金も廃止ね
で、時代についていけず自分から退職金なしで辞めてくれる
ってのが、定年廃止導入企業の狙いじゃないんでしょうかね(2018/05/18 14:08)

移民を嫌い依頼心が強く自立できない人が多い日本が、将来不安解消や社会福祉破綻を免れるためには、法の下平等の精神に反する悪しき定年制廃止&雇用流動性確保しかあり得ない。そんな事、だいぶ前から分かっている事だ。(2018/05/18 12:29)

正直なところ「ふ~ん それで?」っていう感じです。
現在の再雇用制度だって殆どが”法律だから”で「仕方なく」再雇用している。その表れが、再雇用希望者が出るか、素直に辞めて行ってくれるか戦々恐々としているトップマネージメントの奴ら。そのくせ、偉くなればなるほど再雇用に手を挙げる。 そんな実例はそこらじゅうに落ちているし、社外の集まりでも話題になったことがある。私の会社だけではないと思う。
一方で、役職につけなかった社員(一般的にはダメ社員と呼ばれ、社内評価の最下限にいる私のような存在)ではさっさと辞めている先輩が結構いる。

それはなぜか。
ダメ社員は「あなたの成績は最低だ」と常々会社から言われ、給与も削減される憂き目にあっている。しかし、私の先輩には”資格保持者”がまことに多い。役職者になって窓際でふんぞり返り、顎で仕事している人間は休日をゴルフやその他で無為に過ごす。ところが、ダメ社員は職業に関係がなくとも興味のある資格取得に励んでいるお歴々がまことに多い。
会社を退社して、ケアマネージャ業を本格的に始めた方、個人事務所を開いた方等枚挙に暇がない。
そもそもにしてこのような人材を「会社業務の枠にはめてしか評価しない」評価方法を取っている日本企業で定年廃止もへったくれもない。 まず、わが社の定年制度について...なんて事を考えている技術も技能も持ち合わせていない輩を再評価することが先決であろう。
ましてや、そんな会社に一生縛られるのは御免です。(2018/05/18 12:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

アパレル業界のトップには60~70代の方が多く、新しいデジタルマーケティングに全く付いていけていません。

石川 康晴 ストライプインターナショナル社長兼CEO