• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

AI・IoT時代を切り拓く「人材投資」をどう作る

日本型雇用システム壊す「人材流動化」がカギ

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

急速に進む人手不足の中で、AI(人工知能)やIT(情報技術)などのエンジニアをいかにして育成するかが、大きなテーマとなる。(写真:アフロ)

「人工知能」や「情報技術」を担う人材育成が急務

 未来を切り拓くのは「人」だ。AI(人工知能)やIT(情報技術)が新たな価値を生み出す時代になると言っても、それを具体的に担うのは人材である。急速に進む人手不足の中で、どうやってそうした人材を育て、確保していくかが、今後の日本を考えるうえで、大きな条件になっていくのは間違いない。

 政府が6月9日に閣議決定した成長戦略「未来投資戦略2017」でも、「教育・人材力の抜本強化」が課題として明記されている。未来投資戦略は、今後日本が成長していくためには、「第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、人工知能[AI]、ロボット、シェアリングエコノミー等)のイノベーションを、あらゆる産業や社会生活に取り入れることにより、様々な社会課題を解決する「Society 5.0」を実現すること」が重要だとしている。

「Society 5.0」とは「情報社会」に続く新しい社会

 ちなみに、ここで言う「Society 5.0」とは、人類が歩んできた、①狩猟社会、②農耕社会、③工業社会、④情報社会に続く5番目の新しい社会だとし、「新しい価値やサービスが次々と創出され、社会の主体たる人々に豊かさをもたらしていく」というイメージを提示している。

 そんな中で、最大のポイントが人材の育成だ。「未来投資戦略」は言う。

 「第4次産業革命に対応できる人材投資と労働移動の円滑化を進める。第4次産業革命に伴い、産業構造と就業構造の急激な変化は避けて通れない。個人個人に求められる能力・スキルも大きく変わらざるを得ない。IT人材が必要となるのは、IT産業に限らず全産業に及ぶ。2020年には、IT人材が約37万人不足すると予想される。更に多くの人材がITを使いこなす能力を身につけていくことが必要となる。『IT力強化集中緊急プラン』を策定し政策資源を集中投入する」

コメント5件コメント/レビュー

AIだのITだのも、別に民間に任せておけばいい。人手不足だって規制がなければ民間で解決する。
弁護士だの医者だのを計算して増やしたり減らしたりしようとして大失敗してるじゃないか。
役所は、行き先に邪魔がないよう整理するだけでいい。(2017/06/19 19:47)

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「AI・IoT時代を切り拓く「人材投資」をどう作る」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

AIだのITだのも、別に民間に任せておけばいい。人手不足だって規制がなければ民間で解決する。
弁護士だの医者だのを計算して増やしたり減らしたりしようとして大失敗してるじゃないか。
役所は、行き先に邪魔がないよう整理するだけでいい。(2017/06/19 19:47)

色々と理由をつけているけれど、結論は「解雇規制を撤廃したい」という事でしょう。それ以外はただのレトリックに感じます。
「高度な付加価値を提供するサービス業」って、そんなにマーケットが伸びると本当に考えてるんでしょうか?
サービスの二極化が進んで、低い方は無人化が進む事は間違い無さそうです。ですが、だからといって高い方の消費が増えて、雇用が増えるかどうかは別問題でしょう。
むしろ、消費が増えていない高付加価値のサービス業に人材が流れ込んで、人件費の低下が発生して今以上の「高付加価値&低賃金労働」が広がるのではないでしょうか?

またIT化の遅れについても、大学だけに責を問う事に違和感を感じます。問題はIT人材とやらを使いこなせる経営者がどれだけいるか。そこがネックだと私は考えます。
私は会社でITシステム更新のプロジェクトに関わっていますが、上層部が決定を下せない。「何が出来て何が出来ないのか」を提示しても、ITなら何でも安く出来るハズだと考えている。そしてすぐシステム構築・運用出来るハズだと考えている。
こういう旧式人間が日本の会社環境で巾を利かせている限り、ITプロジェクトは滞り、デスマーチは蔓延り、IT職種のイメージが悪くなり、IT人材構想は先細るでしょう。

あまりに参考にならない記事でした。(2017/06/17 00:46)

 まあ、当然の内容ですね。
 いま隆盛をほこるコンビニ業界も、国の「共通伝票」の構想があったればこそ。
 だからシステム。
 制度に人を従わせるのではなく、知らず知らずに、効率の高い動きができるような流れを作り出せる仕組みが理想。

 そのために必要なのはIT人材ではなく、人を含めた社会システムを構想できる人材。

 ただ単に、狭い分野や技術ノウハウではない、高度の戦略的な構想が必要。(2017/06/16 22:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長