• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

石油「新三国志」 全方位外交の罠、国交断絶に陥ったカタール

レビュー

とても参考になった
 

78%

まあ参考になった
 

19%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

73%

読んだほうがよい
 

23%

どちらでもよい
 

3%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

カタールに落ちるとはまさにこのことですね。(2017/06/27 12:04)

我々、石油ガス輸入国が諸悪の根源であることは認識しないといけませんね。
サウジ等の人権抑圧を日米欧の民主国家が見ないフリするのも、そこに石油があってキンタマ握られてるから。

失礼、汚い言葉を使いましたが、実際そんな感じでしょう。
何も言えない。

平和を希求する日本としては、軍隊でも派遣して強制的に安定させたいところですがそうもいかないので、極力石油ガス依存度を落とし、中東から手を引くべきです。
連中も、お金がなくなれば別の方法を考えることでしょう。

だからといって原発再開も茨の道ですが、日本人のお金で間接的に中東で人を抑圧し、殺していることは、認識しておかねばなりませんね…。

余談ですが、トムクランシーの小説で、対イラン攻撃時に米大統領がサウジ皇太子と親友のごとく接する箇所があり、それを肯定的に表現してるのを見て、民主主義の盟主アメリカって何だろうと初めて疑問に感じたのを思い出します。
皮肉に表現してるのではなく、疑問無く正義だと思ってるあたり不可思議でした。
うまく表現できませんが、トランプ大統領の今回の行動も、根本として似たようなメンタリティに思えます。(2017/06/27 11:48)

民主主義の輸出にあれだけ熱心に(狂信的に)取り組むアメリカが、割と民主的な政治を達成しているイランを目の敵にし、全くそうではないサウジアラビアと蜜月にあるというのがもうお笑いでしかない。サウジの動きもなんだかなぁ、だが、その引き金を引いたのはアメリカなわけで、力がなくなりつつある国が下手に動くと変な副作用が出るという典型的な例ですかね。

あと、韓国と同列に並べて語る人、どんだけ韓国がお好きなの(笑)。(2017/06/27 11:36)

サウジの最後通牒にアルジャジーラの閉鎖があるのは笑えました。
アルジャジーラが日ごろからサウジアラビアやエジプトの政策や
国家としての方向性を陰に陽に非難していて目障りなのは分かりますけど
普通に言論弾圧もいい所ですね。

ただ、アメリカは言うまでもなく、ヨーロッパも動きが鈍いですね。
人権が大好きな人はヨーロッパを見習えとよく言われますが
今こそ人権大好きヨーロッパは悪の専制国家に踏み潰されそうになっている
カタールを救うべく現代の十字軍を派遣すべきじゃないんですかね。(2017/06/27 10:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長