Winter Festa2017-2018

サウジ有力王族の大量拘束は賭けか、必然か

国王と皇太子は国家改革に「不退転」の決意を示した

アラムコ上場の難航

 また、ビジョン実施の前提、改革のための財源措置として予定されているのが、国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)である。当初、18年中に、資産価値約20兆ドルの5%を株式公開し、サウジ国内外の株式市場に上場することとされていた。

 ところが、ここに来て、どうも、株式公開の実施が遅れそうな模様である。アラムコ当局からは予定通りであるとの発表が行われているが、英「エコノミスト」等の海外メディアからは、19年に先送りされるとか、上場はサウジ国内取引所だけで海外では関係先への私募にとどまるとか、種々の観測が出ている。

 総資産も想定の2兆ドルにはるかに届かない、あるいは、アラムコの経営情報の開示が海外株式市場の上場基準に遠く及ばない、などとも言われている。そもそも、原油価格が低迷している現状は、株式上場のタイミングとして適当ではない。

 しかし、本来、この改革は、長期にわたる原油価格の低迷を前提に、石油収入への国家財政の依存から脱却することを目的としている。ここで、原油価格が回復した場合、改革へのモメンタムが低下する可能性がある。原油価格が回復すると改革の必要性が薄れる。原油価格の回復は、サウジにとって、「もろ刃の剣」であろう。

「未来投資イニシアティブ」

 さらに、10月24日から26日には、今回関係者が拘束されていると伝えられる最高級ホテル・リッツカールトン・リヤドで、公共投資基金(PIF)主催の国際金融会議「未来投資イニシアティブ」が開催された。

 公共投資基金は、サウジの国家投資ファンド(SWF)であるとともに、将来的には、アラムコを含め民営化後の国営企業株式の受け皿となることを予定しており、今回の会議はそのお披露目の意味がある。会議には、世界の著名投資家とともに、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事も出席した。公共投資基金と10兆円規模のファンドを組成したソフトバンクグループの孫正義氏がムハンマド皇太子と並んで着席する写真も配信された。

 また、会議では、紅海沿岸に5000億ドルを投じ、自動運転、人工知能、ロボット、再生可能エネルギー等の最先端技術を集積した新都市を建設する計画が発表された。

対外関係の行き詰まり

 サウジを巡る対外的関係も、対イラン関係を中心に良好とは言い難い。

 16年1月に国交を断絶して以来、イランとの関係は、石油政策やメッカ巡礼受け入れなど特定の問題を除いて、改善の兆しは見られない。むしろ、イエメンを実効支配するフーシ派やレバノン政府と対立する武装集団ヒズボラへのイランの支援に対するサウジの反発は高まっている。

 偶然かもしれないが、汚職容疑の拘束があったのと同じ11月4日には、フーシ派からイラン製ミサイルの攻撃を受けたとの報道があり、ヒズボラの攻勢を警戒しレバノンからの自国民の退去を勧告している。

 また、イランへの融和姿勢をとるカタールとの対立も、6月5日の国交断絶以来、電話会談等接触の機会はあったものの膠着状態にある。そのため、イランに対抗する有力な地域組織である湾岸協力協議機構(GCC)も機能不全に陥っている。

バックナンバー

著者プロフィール

橋爪 吉博

橋爪 吉博

一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター調査役

一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター調査役。三重県津市出身。中央大学法学部卒。1982年石油連盟入局。1988年外務省出向(在サウジアラビア大使館二等書記官)。1991年石油連盟復帰、流通課長、企画課長、広報室長等を経て、2016年5月より現職。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

76%

まあ参考になった
 

23%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

55%

読んだほうがよい
 

37%

どちらでもよい
 

6%

いただいたコメントコメント1件

レバノン首相がサウジアラビアで、事実上の軟禁状態に置かれて
数日が経過しています。

フランス、ドイツのテレビニュースは連日大きく報道していますが、
今朝のフランス2によれば、
「フランス外相がレバノン首相をフランスへ移送する」との一報が飛び込んできました。
これで、レバノン首相はサウジから【解放された】と見ていいのでしょうか?

日本もサウジから原油を輸入しているので、対岸の火事では無いのに
マスコミに危機感が無いのが、気がかりです。
まともな外交感覚があるのなら、ロヒンギャに構っている時間を使って
今すぐサウジに飛ぶべきでしょう。(2017/11/16 12:04)

コメント(1件)を読む/書く

閉じる