• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

再エネ電源に新負担?見えてきた新ルールの中身

送配電網の維持・運用費用の発電事業者負担ルール

  • 川本 周=西村あさひ法律事務所・弁護士

バックナンバー

[1/2ページ]

2018年6月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 送配電網の維持・運用費用の負担方法が変わる。発電事業者も費用を一部負担する新制度の内容が固まってきた。固定価格買取制度(FIT)を利用する太陽光発電なども適用対象となる見通しだ。実現すれば、発電事業者にとって、これまでにない種類のコストを負担することになり実務への影響は大きい。新制度の概要と、特に影響が大きい再エネ電源への適用方法について、西村あさひ法律事務所の川本周弁護士に聞く。

【質問】発電事業者が送配電網の維持・運用費用を負担することになると聞きました。

【回答】託送料金制度の見直しのなかで、送配電網の維持・運用費用の一部を、発電事業者が負担する制度の導入が検討されています。これまでは小売電気事業者が託送料金として需要家から回収してきた維持・運用費用ですが、電力・ガスシステム改革の進展とともに、見直しが必要になってきたのです。

 発電事業者側の送配電網の維持・運用費用の負担について、明示的に議論されるようになったのは、2016年の秋以降でした。電力・ガス取引監視等委員会が有識者会議(送配電網の維持・運用費用の負担の在り方検討ワーキング・グループ)を設置。2016年9月から議論を重ねてきました。

 今年4月に中間取りまとめを公表。これに対する意見募集が行われ、新制度の導入内容が固まりました。監視委員会は、2020年以降のできるだけ早い時期を目途に、新制度の導入を目指すとしています。

【質問】発電事業者は何の費用を負担することになるのですか。

【回答】上位系統、すなわち配電網以外の基幹系統及び特別高圧系統に係る費用のうち、固定費について発電側と需要側とで負担し合います。発電側が発電事業者の負担、需要側というのは、従来から託送料金として需要家から回収してきた費用のことを指します。

 発電側の負担の規模は、一般送配電事業者10社の託送原価の1割程度と想定されています。

 発電事業者の負担は発電電力量見合いの従量ではなく、kW単位の基本料金として課金します。送配電設備は電源の最大受電電力を踏まえて整備されるためです。

 また、発電量にかかわらず必ず発生する基本料金という方法を取ることで、発電事業者自ら送配電網の効率的な利用を促進することを期待しています。

【質問】長年続いてきた託送料金の仕組みを考えると、唐突な制度変更という印象があります。そもそも、なぜ発電事業者が送配電網の維持・運用費用を負担すべきなのでしょうか。

【回答】電力システム改革の進展と深く関係しています。再生可能エネルギーによる発電だけを手がける事業者が多数登場し、一方で、自社電源をほとんどもたない小売電気事業者(新電力)が参入しました。

 旧来の大手電力による垂直統合型の電気事業では、発電部門と小売部門は同一企業でした。送配電網の維持・運用費用を小売り側だけが託送料金として負担しても、発電部門は電源開発の際に、託送料金が過剰に上昇しないよう立地などを考慮してきました。

 一方、発電と小売りとが分離すると、発電事業者は小売り事業者が負担する託送料金に関心を失います。発電事業者は、送配電事業者に対して自らが直接負担するコストにだけ、関心を向けるようになります。

 現行の制度で、発電事業者が負担するのは、電源新設時の系統整備費用である「工事費負担金」のみ。電源の立地選択において送配電網の維持コスト負担についてのインセンティブは働きません。

 発電側でも送配電網の維持・運用費用を負担するという新制度は、電力システム改革に伴うアンバンドリングの当然の帰結といえます。

【質問】電気料金は上がるのですか。

【回答】今回の制度変更は、現行の託送料金原価の範囲を変えないことを前提としています。そのため、小売電気事業者が負担する託送料金から発電事業者の負担分を減額します。その分、託送料金原価が減少するわけです。

 一方、発電側で新たに負担する基本料金は、小売電気事業者への卸供給の金額に転嫁されるでしょう。このため、最終需要家が負担する電気料金は変わらないと想定しているようです。

オススメ情報

「From 日経エネルギーNext」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長