• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

介護現場でなぜ不評?政府「介護離職ゼロ」対策

  • 豊川 琢=日経ヘルスケア

バックナンバー

2016年3月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府は2015年11月、「1億総活躍社会」の実現に向けた緊急対策を打ち出しました。中でも重点を置いたのが、親などの介護のために離職せざるを得なくなる人をなくす「介護離職ゼロ」対策。その具体策として、特別養護老人ホーム(特養)やサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)といった介護サービスの受け皿を、2020年代初めまでに新たに50万人分拡充することを示しました。

 早速、政府は昨年12月に決定した2015年度補正予算に、「介護基盤の整備加速化事業」として922億円、「サ高住の整備」に189億円を計上。2016年度予算でも財源を手厚く配分しており、力の入れようがうかがえます。

介護人材の不足をますます助長する可能性も

 ところが、この施策、介護業界ではあまり評判が良くありません。理由は、“箱物中心”の整備が前面に打ち出され、介護人材の不足に拍車を掛けかねないこと。取材に行くと全国どこでも、「人材が足りず職員の採用もおぼつかない」という介護事業者の声を耳にします。実際、建てたはいいが職員を十分採用できず人員配置基準を満たせないため、一部の居室しか稼働できない特養が多く見受けられます。

 さらに今後、人材不足がもっと深刻化するのは必至。厚生労働省が2015年6月にまとめた介護人材に関する需給推計では、2025年度に253.0万人の介護人材の需要が予想されるのに対し、供給の見込みは215.2万人で、37.7万人の不足が生じる可能性があることが分かりました(図1)。

図1 2025年度における介護人材にかかる需給推計と需給ギャップ(確定値)

 「1億総活躍社会」の実現に向けた「介護離職ゼロ」対策により、特養やサ高住などをより一層増やせば、人材不足はますます深刻になるというわけです。

 2015年度補正予算でも、「介護人材の育成・確保・生産性向上」に444億円が計上され、再就職準備金貸付制度の創設や離職した介護人材の届け出システムの構築などが打ち出されましたが、介護事業者たちの反応は芳しくありません。そもそもの問題である介護職員の賃金の改善が見込めないからです。「介護職員処遇改善加算」は2015年度介護報酬改定で積み増しされましたが、「将来、加算が廃止される可能性が残る中、基本給には反映しにくい」(関西のある介護事業者)といった声が多くあるのが事実です。

将来は人材育成の充実に介護報酬を支払う形に?

 こうした苦しい状況下で、介護事業者自ら処遇改善に取り組む動きが活発化しています。介護職の育成方針の確立、キャリアパスの構築、キャリアパスと賃金体系の連動などに乗り出すケースが増えているのです。これらの取り組みをしなければ、介護職の定着率の悪化や採用の停滞に直面し、事業存続が危うくなる可能性すらあるわけです。それは事業規模に関係なく、小規模事業者にも共通します。

コメント5件コメント/レビュー

五年ほど前の話だが、部下の父君が特養施設の理事長さんで「今度、父の給与が上がった」との事。幾ら上がったの?とコッソリ聞いたら、自分の月給くらいの額が月手取りで増えた、と教えられて、世界が違うと思った事がある。
こんな施設ばかりではないと思いたいが、介護保険を貰っている施設なら、もう少し従業員へ還元してはいかがでしょう?高級取りの役員の皆様。(2016/03/09 12:38)

「医論・異論 from 日経メディカル」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

五年ほど前の話だが、部下の父君が特養施設の理事長さんで「今度、父の給与が上がった」との事。幾ら上がったの?とコッソリ聞いたら、自分の月給くらいの額が月手取りで増えた、と教えられて、世界が違うと思った事がある。
こんな施設ばかりではないと思いたいが、介護保険を貰っている施設なら、もう少し従業員へ還元してはいかがでしょう?高級取りの役員の皆様。(2016/03/09 12:38)

う~ん、このような取組を否定したいわけではないのですが、結局介護に向けられるパイが限られている以上、あまり意味がないのではないかと感じています。
それこそ、ある一定レベルの介護者を全員公務員(財源は介護国債で)にする制度なりを整備したほうが余程効果的かと。
せめて、事業者の中抜きの割合を制限したり、介護者の最低賃金を定めて保証させるなどの制度を整備すべきでしょう。
例えば、月額報酬30万円以上を政府なりが担保すれば介護人材の問題は(現時点であれば)改善するでしょうし、介護業界を志す人や介護の資格などを取得し就労していない人材を呼び寄せることが可能だと思います。
予算も国債で賄えますので、問題はないのです(但し、問題はなくても財務省は反対する)
介護者も「稼ぐ」ことが出来れば消費も増加し、日本の課題である中間層の興隆に一役買うことで、最終的には税収(継続的な予算)の問題も解決すると思われます。
こんな単純な事なんですけどねぇ(2016/03/09 11:45)

政府は前に「認知症老人は家庭での介護を基本として地域で見守る」ことを提唱していたのではなかったか。私も経験があるが、介護の基本は排泄、入浴、食事の世話であり、これを家庭で賄うという前提自体無理があった。これは取りも直さず、介護の負担を親子の情を利用して個人に押し付けようという考えに外ならない。
しかしながら、介護離職が問題だと急に施設介護を志向しても今度は体制が追いつかない。期待のサ高住だって、認知症で手がかかるようになったら退去を迫るところもあるくらいだ。先の最高裁判決で認知症老人の行為は誰も責任を負わないと言う。なれば隣人として歓迎しないとなるのは自然の流れだろう。
行政も司法もチグハグで目を覆うばかりである。(2016/03/09 11:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長