• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

就活にまつわる噂のウソ・ホントを徹底検証

「インターンシップは有利?」「学歴フィルターはある?」

2016年3月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 史上最も短い決戦となった就活2017。就活生にとってこれから始まる説明会や面接は初めてのことばかり。それだけに情報収集が重要になるが、噂に戸惑うことも少なくない。そこで就活にまつわる噂を徹底調査した。「説明会で質問すると優遇される」ってホント?

2017年卒向けの就活は短期決戦。噂に惑わされずに、志望企業を見極めたい(写真:TK/アフロ)

 就活生が企業に初めて触れ合う機会が1~2月などに実施されるインターンシップだ。本来の目的は就業体験だが、選考過程で有利になるとの噂は絶えない。

 これはホントだ。「インターンシップを受けた就活生はエントリーシート(ES)を必ず通過させるようにしている」(広告代理店)、「内定者の3割ほどがインターンシップ経験者」(大手金融)など程度の差はあるが、選考の一部と位置づける企業が多い。2017年卒採用は説明会から選考までの期間が短いため、企業はいい人材が集められるか不安を感じている。2016年卒以上にインターンシップでの選考色が強まる。

説明会で質問すると優遇?

 3月に入ると企業説明会が始まる。そんな説明会でささやかれる通説が「説明会に参加しないと選考で不利になる」というものだ。これはウソ。企業の採用担当者に聞くと「説明会に参加していなくても内定をもらった学生もいる」(商社)、「席の関係で説明会に参加できない学生も多いので、動画で説明会を実施するようにしている。当然参加者を優遇することはない」(交通)と、あっさり否定する企業が多かった。

 ただ、メガバンクから内定をもらった4年生は「面接で『キミは説明会に3回しか参加していないね』と言われた。回数まで把握しているとは驚いた」と話す。ほかにも大手金融系企業で参加回数に言及されたケースは多い。

 企業の採用活動を請け負う採用支援会社の担当者によると、「回数で自社への関心が高いかどうかを測っている。関心が高い就活生にはリクルーターを優先して付ける金融機関もある」という。アイデムの調査によると、就活生は平均で23回も説明会に参加する。通常は必要ないが、金融業界を志望している場合には同一企業の説明会に数回通ってみる価値はありそうだ。

 説明会で質問をすると目立って有利になるという噂もあるが、これもウソ。

 「手を挙げて質問する積極性は評価する。ただ、質問しただけでその後の選考で有利になることはない」(金融)

コメント2件コメント/レビュー

誰をターゲットにした記事なのか?就活生がターゲットならばそれなりに意味のある記事だ。全体として就活生全般が知っているべき内容だ。しかし,「就活は千差万別」ということも伝えておくべきだ。なぜ千差万別か?企業ごとに求める人材が異なるからだ。なぜ異なるか?それぞれの企業で抱えている課題,置かれている状況が違うからだ。大学などの入試と違い求める基礎的条件がそもそもそれぞれ違うのだ。それでも過去には,日本企業の「横並び主義」であたかも「こうすれば内定が取れる」という黄金律があるかに見えた。それもずいぶんと変わってきているはずだ。それでも,学歴重視はあるだろう。だが,学歴だけで採用する企業は少ないはずだ。「ブランド大学」が就活で有利なのは確か。学校名での「門前払い」も確かにあるだろう。だが,複数のOBが自社の現場で活躍している大学に門前払いをくらわす企業は無い。要は就活生に自分の頭で考えて「覚悟をもって」活動してほしいものだ。(2016/03/08 17:32)

「史上最短の決戦を勝ち抜け 就活2017のポイント解説」のバックナンバー

一覧

「就活にまつわる噂のウソ・ホントを徹底検証」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

誰をターゲットにした記事なのか?就活生がターゲットならばそれなりに意味のある記事だ。全体として就活生全般が知っているべき内容だ。しかし,「就活は千差万別」ということも伝えておくべきだ。なぜ千差万別か?企業ごとに求める人材が異なるからだ。なぜ異なるか?それぞれの企業で抱えている課題,置かれている状況が違うからだ。大学などの入試と違い求める基礎的条件がそもそもそれぞれ違うのだ。それでも過去には,日本企業の「横並び主義」であたかも「こうすれば内定が取れる」という黄金律があるかに見えた。それもずいぶんと変わってきているはずだ。それでも,学歴重視はあるだろう。だが,学歴だけで採用する企業は少ないはずだ。「ブランド大学」が就活で有利なのは確か。学校名での「門前払い」も確かにあるだろう。だが,複数のOBが自社の現場で活躍している大学に門前払いをくらわす企業は無い。要は就活生に自分の頭で考えて「覚悟をもって」活動してほしいものだ。(2016/03/08 17:32)

■製造業で3年前まで採用の片棒を担いでいました。この記事では平均的な姿が描かれているのでしょうね。当社の採用実態とのかい離の大きさを感じました。こういった記事を読むと学生はステレオ的解釈に走ることと思います。
■就活中の学生さんへ、この記事を鵜呑みにしてはいけませんよ。“ウソ・ホント”自体が“ウソ”でも“ホント”でもありませんから。意中の会社のことはとことん調べていることと思いますが採用実態は味噌汁の味ほどに会社ごとに違いがあるのですよ。 具体的なところは省きますが、簡単に言えば私は「この人と机を並べて仕事をできるか?この人に自分の将来を任せることができるか?」を判断基準にしていました。この基準で間違いは皆無でした。(2016/03/08 12:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長