• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ヤマトが撤退してもアマゾンは当日配送を続ける

「地球上で最もお客様を大切にする会社」はこの先どう出る?

2017年4月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1時間以内の配送サービス「アマゾン プライム ナウ」(写真:丸毛 透)

 4月7日、ヤマト運輸がアマゾン・ドット・コムの当日配送サービスの受託から撤退を検討している。人手不足によって宅配便の配達員の負荷が増大し、サービス残業などの過重労働が問題になっていることへの対応策の一つで、既にアマゾンには当日配送の受託縮小を要請しているという。

 これを受けてアマゾンはどう動くのか。「今後のビジネスの計画については答えられない」(アマゾン広報)としており、現時点では未知数だ。そこで、「アマゾンと物流大戦争」(NHK出版)の著者で物流関連のコンサルティングなどを手掛ける物流会社イー・ロジット社長の角井亮一氏(過去記事はこちら)に、アマゾンの「次の一手」を予想してもらった。

まず、ヤマトがアマゾンから当日配送の受託を縮小した場合、アマゾンも当日配送サービスを縮小、もしくは、やめるようなことはあり得るのでしょうか。アマゾンは「地球上で最もお客様を大切にする会社」を標榜しています。当日配送を顧客が求めているのだとしたら、それに応えてくるのがアマゾンのような気がします。アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は2015年のインタビューで、宅配のスピードをさらに速めると語っていました(アマゾン、日本でも宅配は「異次元のスピード」へ)。

角井:確かに、当日配送はヤマトのセールスドライバーにとって、一番大変な仕事だったそうです。当日配送は、1日の3回の配送のうち、夕方に集中しますから、以前なら順番に早めに帰れたのが、夜9時を過ぎても配達が終わらないような状況になりました。それが、昨今報道されている現場の疲弊に繋がった原因の大きな一つです。そのため、ヤマトが当日配送の受託数を徐々に減らし、現場の負荷を軽減しようという流れは、当然でしょう。

 ただし、だからと言ってアマゾンが当日配送のサービスをやめることはないでしょう。ヤマトが縮小した分の一部は、日本郵便などが受託することになりますし、これを契機にアマゾンは全力で配送の自前化に動くでしょうね。

「配送の自前化」とは具体的にどのようなことですか。

角井:既に2015年には、注文から1時間以内で配送する「アマゾン プライム ナウ」を開始し、「アマゾン」のステッカーを貼った自前の車両を使って商品を届けています。東京23区を中心に、神奈川、千葉、大阪、兵庫の都市部からサービスを拡大しており、こうしたスピード配送の車両を使ったり、デリバリープロバイダという軽車両の配送会社による宅配を行ったりして、当日配送などの自前化もすでに始まっています。

 アマゾンは、こうした動きを今後、さらに加速させるでしょう。ヤマト、日本郵便に加えて、自前配送が都市部では当たり前になってくるのではないでしょうか。

横浜市にあるヤマトの支店が昨年、労働基準法違反で是正勧告の対象となったり、昨年末には佐川急便の配達員が荷物を投げたりと、人手不足による宅配業界の過酷な労働実態が明らかになってきています。

角井:宅配の物量拡大はネット通販によるところが大きく、最大手であるアマゾンに対する世間の風当たりも強まっています。こうした状況も、アマゾンによる配送の自前化を後押しするはずです。

コメント13件コメント/レビュー

自前の配送、という言葉は、本質を誤っている。
本当は、単なる請負。
業務委託先の零細配送業者が、Amazonにぶら下がっているだけ。
Amazonから切られると潰れるので、どんな我儘にも聞かなければならない状況になっている。
零細業者の判断ミスだ、と非難するのは簡単だが、自前の配送という言葉は、別にAmazonが自分で配送しているのではなく、結局、アウトソースしているだけ、ということは明らかにしないと、単なる下請けいじめで解決、みたいな話になりかねない。(2017/06/05 12:22)

「物流パニック」のバックナンバー

一覧

「ヤマトが撤退してもアマゾンは当日配送を続ける」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自前の配送、という言葉は、本質を誤っている。
本当は、単なる請負。
業務委託先の零細配送業者が、Amazonにぶら下がっているだけ。
Amazonから切られると潰れるので、どんな我儘にも聞かなければならない状況になっている。
零細業者の判断ミスだ、と非難するのは簡単だが、自前の配送という言葉は、別にAmazonが自分で配送しているのではなく、結局、アウトソースしているだけ、ということは明らかにしないと、単なる下請けいじめで解決、みたいな話になりかねない。(2017/06/05 12:22)

アマゾンの企業努力が叩かれることに強い違和感がある。記事ではなくコメントのことだが。
ヤマトの問題は、ヤマトの経営の問題であって、アマゾンの問題ではない。うまく契約をしたということだろう。
下請けの零細企業ならわかるが、ヤマトほどの大手が不利な契約をしたことは同情できない。経営陣が批判されるべき。
ある企業が不利な契約、無駄なコスト、無意味なサービスを続けることで、なぜ利用者が批判されなければならないのか?(2017/04/12 11:07)

アマゾンのビジネスモデルの限界に達したのではないですか。
米欧書店は死なず アマゾン、紙と両にらみ
2017年4月2日 00:08 有料会員限定 日経新聞
アマゾン、全米で売上税徴収 小売店との差なくなる
2017年4月2日 00:09 有料会員限定 日経新聞
米国流通 現場を追う 日経BJ 2016年2月26日 R2リンク代表鈴木敏仁
2015年12月期の通期決算でアマゾン・ドット・コムは連結売上げが1070億ドル
アマゾンはキャッシュフローが大きく、マーケットプレースの回転差資金が生み出すカネですから売上げが伸び続けないと破綻するのです。(2017/04/12 09:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授