• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「事実を認めない」から始まった私の介護敗戦

「人生を楽しんできた母が、まさか」

2017年3月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「母が認知症? …まさかね」。働き盛りの世代なら誰だって、いま確立している生活を崩したくないもの。「認めないうちは、現実にならない」。そんな意識から見逃した母の老いの兆候が、やがてとんでもない事態に繋がっていく。初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…ノンフィクション作家の松浦晋也氏が、自ら体験した「介護敗戦」を赤裸々かつペーソスと共に描く、「明日は我が身」にならないための、笑えない連載です。松浦氏曰く「私の屍を越えて、ぜひ、備えて下さい」。

 同居する母の様子がおかしいとはっきり気がついたのは、2014年7月のことだった。「預金通帳が見つからない」と言いだしたのである。

 一緒に探すと通帳はいつものところにあった。
 やれやれと思うと数日後にまた「預金通帳がない」という。
 探すといつものところにある。

 これを繰り返しているうちに、年金が振り込まれる口座の通帳から、最新の振込まるまる1回分が引き出されているのに気がついた。年金は2カ月分がまとめて振り込まれる。つまり母にとって年金は2カ月分の生活費であり、それだけの大金を一気にまとめて引き出すというのは尋常なことではない。

 財布そのほかの現金の保管場所を見せてもらっても、そんな大金は入っていない。「これはなにか」と聞いても「記憶にない。使っていない」という。その後ずいぶん調べたが、消えた年金の支給1回分はついに出てこなかった。振り込め詐欺に引っかかったという形跡もなく、一体どうなったのかは今に至るまで不明である。おそらくは家のどこかにあるのではないかと思うのだが。

 1934年、昭和9年生まれの母、このとき80歳である。

好き勝手に生きてきて、直面した介護

 介護の話を始めるにあたって、最初に状況を説明しておこう。介護の矢面に立つことになった私は、2014年夏時点で53歳。結婚経験のない独身で、父の残した神奈川県下の実家に母と同居している。仕事は、日経ビジネスオンラインの読者ならご存知かもしれないが、ノンフィクション作家とか科学技術ジャーナリストと名乗って、取材と文章執筆で生計を立てている(編注:連載は「宇宙開発の新潮流」、松浦さんによる「この世界の片隅に」の片渕須直監督へのインタビューはこちら)。

 兄弟は2歳下に、インフラIT技術者をしているこれまた独身の弟が、12歳年下に既婚で3人の子持ちの妹がいる。弟は東京在住だが、なかなか動きの取りにくい激務の職場。妹はドイツの企業で働いており、一家で現地在住である。したがって弟も妹も、介護の即戦力としては期待できない。

 つまり、これから書いていくのは、家庭も作らず好き勝手に生きてきた独身男が五十代になって介護の現実にぶつかり、何を体験し、何を感じて考えたかの記録ということになる。なお、人間関係に代表される微妙な事柄についての記述は若干の脚色をしてあることを、先にお断りしておく。

 何かがおかしいと気がついたといっても、この段階では「まあ80歳にもなったし、老いが表に出てきたか」という程度だった。というのも母はここまで、母なりにアクティブに人生を楽しんで生きてきたからだ。

本連載、ついに単行本化。
タイトルは『母さん、ごめん』です。

 この連載「介護生活敗戦記」が『母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記』として単行本になりました。

 老いていく親を気遣いつつ、日々の生活に取り紛れてしまい、それでもどこかで心配している方は、いわゆる介護のハウツー本を読む気にはなりにくいし、読んでもどこかリアリティがなくて、なかなか頭に入らないと思います。

 ノンフィクションの手法でペーソスを交えて書かれたこの本は、ビジネスパーソンが「いざ介護」となったときにどう体制を構築するかを学ぶための、読みやすさと実用性を併せ持っています。

 そして、まとめて最後まで読むと、この本が連載から大きく改題された理由もお分かりいただけるのではないでしょうか。単なる介護のハウツーを語った本ではない、という実感があったからこそ、ややセンチな題となりました。

 どうぞお手にとって改めてご覧下さい。夕暮れの鉄橋を渡る電車が目印です。よろしくお願い申し上げます。(担当編集Y)

コメント17件コメント/レビュー

(親80代、私40代)二年前から似たような状況になり、この数カ月は一気に症状が進行してしまっています。最初の段階で気がつけなかったこと、気がついた後にもっとやれることがあったのではないかと後悔をすることもあります。しかし、その時は、著者のように見たくない、そうではないと思いたいということが勝っていたのかもしれません。
同じような経験をされている方が大勢いるというのは実際に自分が体験してから気がつくというのも皮肉なものです。
在宅介護は本人にとっては理想的ですが、介護者にとっては在宅介護は大きな負担になるという点を今の制度ではクリアにできていないと感じています。(2017/04/03 13:11)

「介護生活敗戦記」のバックナンバー

一覧

「「事実を認めない」から始まった私の介護敗戦」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(親80代、私40代)二年前から似たような状況になり、この数カ月は一気に症状が進行してしまっています。最初の段階で気がつけなかったこと、気がついた後にもっとやれることがあったのではないかと後悔をすることもあります。しかし、その時は、著者のように見たくない、そうではないと思いたいということが勝っていたのかもしれません。
同じような経験をされている方が大勢いるというのは実際に自分が体験してから気がつくというのも皮肉なものです。
在宅介護は本人にとっては理想的ですが、介護者にとっては在宅介護は大きな負担になるという点を今の制度ではクリアにできていないと感じています。(2017/04/03 13:11)

(既に他界しましたが)一時期同居していた私の祖母を思い出しました。親族にありがちな行動パターンですね。
本人が認めたくないのは分かりますが、意外と子供たち(私の父母)も認めませんでした。同居してすぐ、記事のやかん事件と似た症状があった時点で、当時20代の私(親族の中でも、冷めた言動をする側です)は認知症だと即断しましたが、親はあ~だこ~だと言い返すだけでした。
断定できた理由は、ネットが無い当時の私は就職数年後で、就活前何年も毎日、紙の新聞を朝夕刊全頁1時間以上かけて読んでいたからです。一般紙の家庭欄や医療コーナーを熟読していれば、二十歳でも分かったということです。
幸い(?)カネが無い家族だったので、通帳も財布も事件にはなりませんでしたが、もっと酷い事件が起きてから、さすがに初期か…と親も考えたそうで行政に相談したら、その時点で既に中期を過ぎていました。
自宅が燃えるだけなら自己責任かもしれませんが、火災は周囲に大迷惑をかけます。それを考えると、冷たいようにも見えますが火の事件があった時点で施設幽閉はやむなしです。刑法39条に該当する人なのですから。
我が家は、やかん事件から数年後に施設へ入れて、祖母は施設で最期を迎えました。(2017/03/16 08:58)

逆の立場71歳の男性です。
現在は夫婦共それなりの健康でそれなりの生活で過ごしてます。
子供は二人、共に県外で家庭を持ち年数回会う程度です。
そのため逆に親の健康状態・生活状況が分かるようで、
帰省する度指導?を受けてます。(2017/03/11 16:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長