• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

その名は「通販」。認知症介護の予想外の敵

2017年3月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回→「母は『認知症?私はなんともない!』と徹底抗戦」)

 私にとっての介護生活は、一言で形容するとストレスとの戦いだった。

 ストレスの主な原因は、前回書いた通り介護される母との意見・意志の食い違いだ。認知症の母は、自分に対する正確な認識ができなくなっている。できないことをできると思い、自分でやろうとして事態を悪化させる。

 大きな盲点だったのは、介護する側もまた、「この人は認知症である」という認識に立つことがなかなかできないこと。認知症と認めてしまうのが怖いからだ。このため「母はなぜこんなことをするのか」「なぜこんなことができないのか」と衝突し、ギリギリとストレスを溜めていくことになった。

 だがもうひとつ、無視できないストレスの原因がある。
 「過去に介護される側がやらかした不始末」だ。

 どうやら認知症という病気は、発症したことで周囲が気が付くというものではないらしい。それ以前から兆候はあるが、ごく軽微なものなので周囲は気が付かないでいるようなのだ。

過去の「おかしなこと」が噴出する介護戦線

 さあ認知症だ大変だ、と介護が始まると、介護される側がずっと以前から溜め込み、場合によっては隠していた「おかしなこと」「変なこと」が噴出し、介護する側に降りかかることになる。第1回に書いた「預金通帳を見ると確かに引き出しているが、どこを探しても見あたらない現金」はそのひとつだ。

 …経営破綻した企業と似ているかもしれない。

 そして私と母の場合は、もうひとつ大きな過去からの負債を片付けねばならなかった。 通信販売である。

 時折、奇妙な宅配便が母に届いていることに気が付いたのは、2014年も押し迫った頃だった。その度に「これを払ってきて」とコンビニ用支払伝票を渡されるのである。最初は言われるままに支払っていたが、一体何を買っているのかが気になってきた。

 確か2015年1月の末頃だったと記憶している。たまたま自分が宅急便を受け取った。いつも通り、開封せずに母に渡そうとしたが、中味を確認しようと思い直して開封してみた。

コメント28

「介護生活敗戦記」のバックナンバー

一覧

「その名は「通販」。認知症介護の予想外の敵」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長