• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

果てなき介護に疲れ、ついに母に手をあげた日

母の“意外な”反応と、介護者側の暴力への対応策

2017年7月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衰える足腰、量が増える失禁、度重なるトイレでの排便の失敗――老衰とアルツハイマー病の両方の進行により、2016年の秋の母は弱り、ますます介護に手間がかかるようになっていった。

 10月に入ると、これらに加えて過食(「介護体制が整ったと思うや、病状が進行…」)も再発した。

 いつも午後6時頃に夕食を出すようにしていたのだが、少しでも遅れると台所をあさり、買い置きの冷凍食品を散らかすのだ。「お腹が空いてお腹が空いて、いてもたってもいられない。御飯を作ってくれないあんたが悪い」――食欲は原始的かつ根源的な欲求ということなのだろう。何度言っても、懇願しても怒っても止まらなかった。

 自分が壊れる時は、必ず前兆がある。

 今回の場合、前兆は、「目の前であれこれやらかす母を殴ることができれば、さぞかし爽快な気分になるだろう」という想念となって現れた。

 理性では絶対にやってはならないことだと分かっている。背中も曲がり、脚もおぼつかず、転んだだけで骨折や脱臼する母を私が本気で殴ろうものなら、普通の怪我では済まない。殴ったことで母が死んでしまえば、それは殺人であり、即自分の破滅でもある。

 が、理性とは別のところで、脳内の空想は広がっていく。

 簡単だ。
 拳を握り、腕を振り上げ、振り下ろすだけだ。
 それだけでお前は、爽快な気分になることができる。

 なぜためらう。ここまでさんざんな目に合わせてくれた生き物に、制裁の鉄槌を落とすだけではないか。握る、振りかざす、振りまわす――それだけで、お前は今感じている重苦しい重圧を振り払い、笑うことができるのだぞ。

 悪魔のささやきという言葉があるが、このような精神状態の場合、間違いなく悪魔とは自分だ。悪魔の声は、ストレスで精神がきしむ音なのだ。

遂に手が出てしまった

 10月23日土曜日、私は少し台所に立つのが遅れた。すると母は冷凍食品を台所一杯にちらかし、私の顔を見て「お腹が減って、お腹が減って」と訴えた。明日の日曜日も自分が夕食を作らねばならない。「明日は遅れないようにしよう」と思う私の脳裏で、別の声がはっきりと響いていた。「殴れ、明日もやらかしたら殴れ」。

 翌24日の夕刻、いつもの日課の買い物に出た私は、少し予定が遅れた。大急ぎで戻って来たのは午後6時過ぎ。5分と過ぎていなかったと記憶している。

 間に合ったかと思った私を迎えたのは、またも台所に散らかった冷凍食品と、母の「お腹が減って、お腹が減って」という訴えだった。

 気が付くと私は、母の頬を平手打ちしていた。

本連載、ついに単行本化。
タイトルは『母さん、ごめん』です。

 この連載「介護生活敗戦記」が『母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記』として単行本になりました。

 老いていく親を気遣いつつ、日々の生活に取り紛れてしまい、それでもどこかで心配している方は、いわゆる介護のハウツー本を読む気にはなりにくいし、読んでもどこかリアリティがなくて、なかなか頭に入らないと思います。

 ノンフィクションの手法でペーソスを交えて書かれたこの本は、ビジネスパーソンが「いざ介護」となったときにどう体制を構築するかを学ぶための、読みやすさと実用性を併せ持っています。

 そして、まとめて最後まで読むと、この本が連載から大きく改題された理由もお分かりいただけるのではないでしょうか。単なる介護のハウツーを語った本ではない、という実感があったからこそ、ややセンチな題となりました。

 どうぞお手にとって改めてご覧下さい。夕暮れの鉄橋を渡る電車が目印です。よろしくお願い申し上げます。(担当編集Y)

コメント49件コメント/レビュー

「敗戦記」としたくなる理由、よくわかります。筆者のご苦労にははるか遠く及ばないながら、どんどん衰える親を目の前に、自分の体力不足に負け、精神面の弱さに負け、仕事をしていることも悪いことのように感じ…、「負け」感だらけのプールで息をしているような日々。介護とノイローゼの距離はすごく近い気がする。高齢者介護が増える社会には、ゆるやかな支え合いはもちろん、心に響く温かい言葉ほか介護者への配慮も欠かせなくなると思います。(2017/08/03 23:39)

「介護生活敗戦記」のバックナンバー

一覧

「果てなき介護に疲れ、ついに母に手をあげた日」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「敗戦記」としたくなる理由、よくわかります。筆者のご苦労にははるか遠く及ばないながら、どんどん衰える親を目の前に、自分の体力不足に負け、精神面の弱さに負け、仕事をしていることも悪いことのように感じ…、「負け」感だらけのプールで息をしているような日々。介護とノイローゼの距離はすごく近い気がする。高齢者介護が増える社会には、ゆるやかな支え合いはもちろん、心に響く温かい言葉ほか介護者への配慮も欠かせなくなると思います。(2017/08/03 23:39)

> ご自身の経てこられた、普通の人には余り無い経験を元に独身を貫きつつ他者のご意見を揶揄されている方が

引用元のコメントを書いた者ですが、「揶揄された」とは感じませんでした。
引用した方の長文コメント、きちんと、読まれましたか?

とても現実的で、建設的なご意見を書かれていますよ。

「買い物と病院への送迎程度を介護の上限(それ以下で普通)と皆が考えればよいのだ」との展開には、なるほどと感心しました。
主として女性に要求される介護労働が、その程度のものであったなら、確かに、私も結婚したかもしれません。

この記事のような、良く言えば親切、悪く言えば過保護、
天寿に逆らう重労働な介護が、現代日本においてふつうと考えられているために、若年層が結婚にひるむのだと思います。
みんな、自信がないのです。

親世代よりも給与は少なく、出費(介護・養育しなければならない対象)は多い。
親と同じだけ働いていたのでは回らない。
誰しも、親とは比べ物にならない、素晴らしい働きをする自信など、なくて当たり前だと思います。

話はカンタンで、官民格差と世代間格差がいけないのです。

不公平は諸悪の根源であり、
とりわけ、固定された不公平は、種を滅ぼす墓穴以外の何物でもないと思います。(2017/07/22 17:21)

>どうか他人様の育てた子供達の税金に頼ることのないよう、よろしくお願いします

了解しましたので、貴方の教育関連費用のうち私が払った税金分お返ししていただけますか?(笑)
教育関連インフラにどれだけ税金が投入されているか、貴方が一切その恩恵を受けずにお子様を育て上げたと言うのなら、介護費用は喜んで全額自腹に致します。
まあ冗談ですが、この方は近代国家における税の再配分効果とか、保険の相互扶助の役割とか諸々をどうお考えなんですかねえ。自分が一切他人に頼らず生きてきたとでも仰りたいんでしょうか?「敗戦記」とまで書いている筆者に対して何も死体に鞭打つような言葉を吐かずとも。(2017/07/21 17:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長