• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

福島第一原発の歩き方

機材の愛称は?東京スカイツリーとの共通点って?

2016年3月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新技術を駆使しながら黙々と作業が続く

 事故発生から丸5年が経過した福島第一原子力発電所。事故の収拾に向けていったい何が行われているのか――。電力、原子力関連の作業以外についてはあまり聞こえてきませんが、実は土木・建築系の多数の技術者が、新技術を駆使しながら黙々と作業を続けているのです。

 土木・建設の総合情報誌「日経コンストラクション」では2月22日号の特集で、記者による現地取材を交えながら、福島第一原発の今に迫りました。雑誌の性格上、土木技術者向けのややマニアックな話題もありますが、一般のビジネスパーソンの方にも興味を持っていただける内容だと思います。ぜひお読みください。

(日経コンストラクション編集長 野中 賢)

 日経コンストラクション2016年2月22日号の特集「7000人の戦線、福島第一原発」では、未曽有の事故の収束に向けて進む凍土遮水壁や燃料取り出し用カバーの工事についてリポートした。本稿では、誌面に掲載しきれなかった写真やこぼれ話を盛り込みながら、工事の状況をお伝えする。特集記事と併せてお読み頂きたい。


 筆者は1月27日、日本記者クラブ取材団の一員として福島第一原発に向かった。発電所の正門付近にある入退域管理棟の下駄箱には、見知った企業名がずらり。鹿島に大成建設、清水建設、前田建設工業――。東京電力から工事などを受注している企業は、元請けだけで42社(メーカーを含む)に上るのだ。

 入退域管理棟と隣り合う大型休憩所の7階からは、発電所の敷地が一望できる。林立する汚染水の貯蔵タンクの向こうには、1~4号機原子炉建屋と大型クレーンのジブが見える。
 ⇒福島第一原発が灰色に染まりゆく(「日経コンストラクション」購読者の方向けです)

発電所の正門付近にある大型休憩所の7階から見た福島第一原発。汚染水を貯蔵するタンクは約1000基ある(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

APD(警報付き個人線量計)の貸し出し装置と作業員(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

2015年6月に運用を開始した大型休憩所内の食堂。大熊町に建設した給食センターで調理し、温かい食事を提供する。メニューは2種類の定食とカレー、丼、麺の合計5種類。日によってトッピングなどが変わる。値段は一律380円(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

 APD(警報付き個人線量計)を受け取り、サージカルマスク(風邪予防に用いる一般的なマスク)を付けて構内に入る。行き交う車に気を付けながら、少し歩いてバスに乗り込み、作業の拠点である免震重要棟に入った。

 ここで白い防護服に身を包み、半面マスクと眼鏡、ヘルメットを着ける。軍足は2重、手袋は3重だ。慣れない半面マスクが息苦しく、緊張感が高まる。声がこもるので、大声で話し掛けないと伝わらない。「ご安全に」と送り出されてバスに乗り、すぐに1号機西側の高台に到着した。

仕事を終え、仲間と談笑しながら帰路につく作業員。建設会社のほか、日立グループや東芝、三菱重工業といったメーカーの下で働いている(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

免震重要棟の壁をびっしりと埋める寄せ書きや千羽鶴(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

免震重要棟の内部。ゴム手袋などが整理して置かれている。防護服やゴム手袋は使い捨て。東京電力は、使用済みの防護服などを焼却する雑固体廃棄物焼却設備の運用を始める予定だ(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

コメント0

「7000人の戦線 福島第一原発」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長