• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これを間違えると「老後破産」へ一直線!

堅実なサラリーマンが定年後にしがちな「2つの勘違い」とは

2017年3月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大江英樹(おおえ・ひでき)氏
経済コラムニスト。1952年、大阪府生まれ。大手証券会社で個人資産運用業務、企業年金制度のコンサルティングなどに従事。定年後の2012年にオフィス・リベルタス設立。写真:洞澤 佐智子

 前回、老後破産を防ぐには、お金の「入」と「出」を自分なりに把握することだと書きました。しかしながら私が見る限り、ほとんどのサラリーマンはきちんと自分の収支をつかんではいません。それでも何となく定年退職の日を迎え、何となくリタイア後の毎日を過ごし、多くの人は生活に困窮するほどの目にはあっていません。

 「『自分の収支を把握しろ』って言うけれど、別にそんなことしなくても大丈夫じゃないか?」と思っている人もいるでしょう。確かに一般的にサラリーマンはそこまでやらなくても何とかなっているというのも事実です。これは一体どういうわけなのでしょう。その理由は、サラリーマンという職業の特性にあるのです。

 世の中で、俗に“お金持ち”とか“資産家”といわれる人達といえば、医師やオーナー社長、タレントといったところがイメージされます。では彼らのお金の「入」と「出」はどうなっているのでしょうか。

 これらの人たちに共通するのは、収入が不安定であることです。オーナー社長なら事業が当たれば、タレントなら有名になれば、大きく収入が増えます。ただ、下手をすれば一銭も入ってこないことだってあり得ます。

 つまり「入」は読めません。そのうえ、「出」も読めないのです。

 仮に生活自体は地味にしていても、商売や事業をしていたら、設備投資や商品の仕入れなど、機会があれば資金を出さざるを得ません。好むと好まざるとにかかわらず、不安定な収入とコントロールしきれない支出に悩まされ続けることになります。

 ところが、サラリーマンの場合、収入は安定していますし、支出にしても大きな病気にでもならない限り、意図せざる大きな出費というのはあまりありません。
 すなわちお金の「入」と「出」がある程度読めるのがサラリーマンなのです。

 やり方さえ間違わなければ、サラリーマンの方がずっと計画的に資産形成ができる。派手な生活をしているオーナー社長などが意外とそれほど資産を持っておらず、普通のサラリーマンの方が実は堅実に資産形成をしているという例をたくさん見てきました。

 それに加えて老後のお金のことを考えた場合、サラリーマンなら誰もが加入している厚生年金が圧倒的なアドバンテージになります。

 実際の金額は現役時代の収入によって異なりますから一概には言えません。例えば、現役時代の1カ月の平均給与が36万円で妻が専業主婦という世帯の場合、65歳から90歳までに受け取る年金額は夫婦合計でおよそ6750万円になります。

 ところが、自営業の場合だと公的年金は国民年金しかありませんから、金額はだいたいこの半分ぐらいになります。さらにサラリーマンの場合、勤めている会社によっては「退職金」や「企業年金」を受け取れる場合だってあります。

 このように考えていくと、サラリーマンならある程度の蓄えがあり、リタイア後は地道に暮らしていくことができれば、そんな簡単に老後破産することはないように思えます。しかしながら、「これを間違えると簡単に老後破産してしかねない」落とし穴もあるのです。それは何でしょうか。次ページで見ていきましょう。

コメント6件コメント/レビュー

今回は具体的でよかった。根本的な問題は残るが,当面する現象に対する記事としては読めた。「退職金を勘違いするな。」,「退職金で投資デビューの愚」が教訓だ。だが,「老後破産」の最大の問題は「リスク管理」の失敗だ。その「リスク」の一つとして「退職金使途」がある。今回の記事はそうした視点で読んで面白かった。しかし管理すべき「リスク」には他にもいろいろある。また,そもそも,リスクをどのように見積もり,どう対処するか。これについて我々サラリーマンはあまりにも無知だ。だから不安になるし,無事通り過ぎてしまった人には「なあんだぁ,たいしたことなかったじゃん。もっと遊んでもよかったぁ」になるのだと思う。基本的なリスク管理の知識と初歩的な管理手法の教示が必要だと思う。今後の記事に期待する。(2017/03/16 15:11)

「「定年男子 定年女子」の心得」のバックナンバー

一覧

「これを間違えると「老後破産」へ一直線!」の著者

大江英樹

大江英樹(おおえ・ひでき)

経済コラムニスト

大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア層向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。著書に『定年男子 定年女子』(日経BP社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回は具体的でよかった。根本的な問題は残るが,当面する現象に対する記事としては読めた。「退職金を勘違いするな。」,「退職金で投資デビューの愚」が教訓だ。だが,「老後破産」の最大の問題は「リスク管理」の失敗だ。その「リスク」の一つとして「退職金使途」がある。今回の記事はそうした視点で読んで面白かった。しかし管理すべき「リスク」には他にもいろいろある。また,そもそも,リスクをどのように見積もり,どう対処するか。これについて我々サラリーマンはあまりにも無知だ。だから不安になるし,無事通り過ぎてしまった人には「なあんだぁ,たいしたことなかったじゃん。もっと遊んでもよかったぁ」になるのだと思う。基本的なリスク管理の知識と初歩的な管理手法の教示が必要だと思う。今後の記事に期待する。(2017/03/16 15:11)

水を差すようですが、老後破産を心配する人もあれば、相続税対策に頭を悩ます人もいます。わが両親は父が普通の公務員で平均的な生活を送っていましたが、大した介護も必要とせず、いざ最期を意識し始めて計算してみると多額の相続税を納めることが判明しました。国には税金を納めなくない、との親の方針でせっせと対策に努めましたが、それでも父、母と相続して合わせて数百万円を納税しました。
老後の明暗はその時になってみないと分からないからこそ、どちらにしても子供たちと話し合って段取りを付けることが大切だと実感しています。(2017/03/16 13:22)

三欠には思わず唸ってしまいました。座布団3枚ですね。(2017/03/16 13:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長