近未来感漂うドローンレース、ファン拡大の秘策

クルマと同じ操縦感覚で楽しめる

  • 日経トレンディ

 この2~3年で認知度が高まった存在として挙げられるのがドローンだ。一般には、飛行や空撮を楽しむ趣味のツールとして知られており、飛行性能や撮影性能を重視したDJIやParrotなどの製品の人気が高い。近ごろでは、セルフィー(自分撮り)に特化した「Dobby」などの小型ドローンが相次いで登場し、注目を集めている。

折りたたみ可能な小型軽量ボディーを採用したDJIの「Mavic Pro」
航空機のようなスタイルが特徴的なParrotの「Parrot Disco」
セルフィーに特化した小型軽量モデル「Dobby」

 まだ認知度は高くないものの、一定のコースを高速で飛ばしてタイムや周回数を競う「ドローンレース」用のドローンも存在する。大ブームを巻き起こしたタミヤの「ミニ四駆」のように自分でチューンアップする楽しさも味わえる新ジャンルのホビーとして、業界関係者の間ではヒットを期待する声も大きい。だが、レースのような競技となると楽しみ方が先鋭化しがちで、一部の愛好者の間だけで盛り上がり、ビギナーをはじめ一般の愛好者が離れてしまう傾向がある。ドローンも同じような状況にならないように、メーカーは一般層に間口を広げてファン層を拡大すべく取り組んでいた。

複数のプレーヤーでタイムや周回数を競うドローンレース

バックナンバー

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

33%

まあ参考になった
 

33%

参考にならなかった
 

33%

ぜひ読むべき
 

16%

読んだほうがよい
 

33%

どちらでもよい
 

50%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く

閉じる