• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhoneの歩数計は、信頼できるのか?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年3月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneでは、内蔵された加速度センサーやジャイロスコープ、GPSなどで端末の状況を測定し、OSやアプリでその情報を利用している。その一環として、持ち主の歩数もカウントしている。標準アプリの「ヘルスケア」では、iPhoneが測定している歩数を確認できる。

iPhoneを歩数計として使うには?

 歩数データを表示するには、「ヘルスケア」アプリを起動して「ヘルスケアデータ」→「リスト」→「フィットネス」→「歩数」とタップしよう。この画面で「ダッシュボードに表示」をオンにしておくと、アプリを起動してすぐに出てくる「ダッシュボード」に歩数が表示できる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「ヘルスケア」アプリを起動し、(1)「ヘルスケアデータ」→(2)「リスト」→(3)「フィットネス」とタップし、表示された画面で(4)「歩数」をタップすると、歩数のデータを確認できる。(5)「ダッシュボードに表示」をオンにしておくと、アプリを起動してすぐの画面に表示されるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 「ヘルスケア」アプリでは、「日」「週」「月」「年」ごとの歩数表示ができるのだが、「今から歩く歩数を測定する」という使い方が想定されていない。一番短い単位の「日」表示でも、日が変わってから現在までの合計歩数が表示されてしまう。

 そこで、歩く前後で歩数をメモしておき、その差を「そのとき歩いた歩数」として採用すればいいと考えた。おおむねこれで問題なかったが、途中からより正確に数値を得る方法に変更した。それについては後述する。

[画像のクリックで拡大表示]
歩く前後で、「日」表示の歩数をメモしておき、その差を「そのとき歩いた歩数」とする
[画像のクリックで拡大表示]

コメント0

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長