• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「インバウンド向け宿泊施設」のすごい中身

  • 日経トレンディ

バックナンバー

2016年3月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インバウンド(訪日外国人)が増加し続けるなか、宿泊費を抑えたいというニーズが高まり、2015年あたりから相部屋・素泊まりで3000円前後というホステル形式のインバウンド向け宿泊施設が急増している。なかには従来のホステルと違い、低価格でもデザイン性が高く、快適さ、便利さを追求している施設も出てきている(関連記事は日経トレンディネット「【体験レポ】泊まれる本屋「ブックホステル」が狙うのは“本を読まない人”!?」)。

 都内のオフィスビル・マンションの開発などを行うサンケイビル(千代田区)は、インバウンド向けゲストハウス型ホテルブランド「グリッズ(GRIDS)」を立ち上げ、2015年4月21日には「グリッズ秋葉原」を、2016年1月15日に「グリッズ日本橋イースト」を開業した。企画・設計・運営は、人気デザインホテル「クラスカ」やキッザニア東京などを手がけてきたUDS(東京都渋谷区)が担当する。

 「外国人旅行客数の増加ととともにニーズも多用化している。現在の日本の宿泊施設には、そうしたニーズを受け止められる多様性に欠けている。ひとりからグループまで多様な宿泊単位に対応でき、低価格で快適に泊まれる宿が必要だと考えた」(サンケイビル 住宅事業グループ 新規事業開発部長の井上斉氏)。

 エンタメ型旅館の企画開発をてがける「The Ryokan Tokyo」(神奈川県湯河原町)は、旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA (以下TRT湯河原)」を2016年3月1日にオープン。「インバウンド向け宿泊施設は都市部に集中している。地方や旅館に泊まりたい人の受け入れ先になりたいと考えた」(藤澤しずか女将)。TRT湯河原は外国人旅行客の抱く和のイメージを増幅させた突き抜けたインテリアや、日本文化を伝えるエンタメ体験(有料)に重点を置いているという。

 どちらもホステル形式だが、従来の「安くてそれなり」な施設とはかなり違うようだ。いったいどこが違うのか、実際に出向いて確かめた。

2016年1月15日に開業した「グリッズ日本橋イースト」(東京都中央区日本橋久松町4-7)。地上8階建てで、「POD」(2段ベッド)のあるドミトリー(相部屋)タイプが4室(104床)、デラックスドミトリー1室、プライベートシングル4室、プレミアムルーム2室。男性・女性各専用フロアがある。徒歩10分圏内に東日本橋駅、馬喰横山駅、人形町駅があり、六本木、銀座、浅草、秋葉原へのアクセスがスムーズ。羽田空港までは電車で40分、成田空港まで70分
[画像のクリックで拡大表示]
「グリッズ日本橋イースト」のフロントはスタッフが24時間常駐。1階にバゲージスペースがあり、チェックイン前でも無料で荷物を預けられる
[画像のクリックで拡大表示]
「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」(神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742)。定員4人部屋が8室、定員6人部屋が3室、ドミトリー(相部屋)は1室14ベッド(男女相部屋、ロッカー有り)。JR「湯河原」駅下車 箱根登山バス「藤木橋」より徒歩10分。枯山水風の前庭がある
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスホールには浅草雷門を模した大きな提灯や大凧があり、外国人向けにデフォルメされた「和」のイメージがモチーフとなっている
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまなコスプレ衣裳が用意されたコスプレルーム。衣裳貸出料金は1着500円(3時間)~1500円(翌朝10時まで)。プロのカメラマンに撮影してもらうことも可能(2000円)
[画像のクリックで拡大表示]

コメント4

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック